Switch news

知っておきたい世界のニュース

ウクライナのゼレンスキー大統領がアメリカに到着、バイデン大統領と会談

ウクライナのゼレンスキー大統領がアメリカに到着、バイデン大統領と会談
Twitter/ian bremmer

ウクライナのゼレンスキー大統領が、ロシアの侵略後初めて外国を訪問し、アメリカに到着した。

 

バフムートの兵士からのメダルを贈呈

 

ゼレンスキー大統領は12月21日、アメリカの東部時間午後2時にワシントンD.C.にあるホワイトハウスに到着したという。

 

到着前のゼレンスキー大統領の姿は、ポーランドのPrzemyśl駅の外で目撃されており、その後アメリカ政府の専用機に乗ったと見られている。

 

 

ホワイトハウスでは、アメリカのジョー・バイデン大統領とジル・バイデン大統領夫人が出迎え、その後両首脳が会談を行ったそうだ。

 

 

会談に先立ち、ゼレンスキー大統領はバイデン大統領やアメリカ国民に対し、これまでの支援に対し、感謝の言葉を述べた。また東部の激戦地、バフムートの最前線にいるウクライナの砲兵隊長からのメダルを贈呈したという。

 

 

バイデン大統領は「残忍な戦争に対し、団結して防衛するあなた方の側にいることを光栄に思います」と述べたという。

 

また会談の冒頭、バイデン大統領は「特に防空能力など、ウクライナの自衛の能力を強化し続けていく」と述べ、支援の継続を強調したそうだ。

 

スポンサーリンク

2450億円の追加軍事支援策

 

ゼレンスキー大統領がアメリカを訪れたのは、来年も続くロシアとの戦争に対する支援を確保するためと考えられ、首脳会談後にはアメリカの追加軍事支援の内容が発表された。

 

アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官によれば、追加軍事支援は18億5000万ドル(約2450億円)に上り、パトリオット防空システムの譲渡を含まれるという。

 

ブリンケン国務長官は「ウクライナが防空能力と精密打撃能力を拡大し、さらに戦場で自衛のために効果的に使用している弾薬と重要な装備を追加で提供することになる」と説明している。

 

ゼレンスキー大統領は、自らのSNSに「アメリカ国民と大統領、それに連邦議会に対してこれまでの支援への感謝を伝えるためワシントンに来ている」と投稿しており、首脳会談後にはアメリカの議会で演説することが予定されている。

 

スポンサーリンク

兵士の数を150万人に拡大か

 

一方、ロシアのショイグ国防相は、自国の軍隊を現在の100万人から150万人に拡大することを求めたという。

 

また、プーチン大統領との年末の会議において、ロシアの兵役義務者の年齢層を引き上げ、21歳から30歳のロシア国民を対象とすることを提案したそうだ。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war live: Zelenskiy meets Biden at White House as Russian defence minister calls for military to be expanded to 1.5m(12/21)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top