Switch news

World News Odyssey

Pickup

結婚後40日で妻が離婚を決意。理由は「夫がケバブサンドを買ってくれないから」

結婚後40日で妻が離婚を決意。理由は「夫がケバブサンドを買ってくれないから」
flickr/anjz18

エジプトで婚姻後間もない夫婦に離婚の危機が訪れた。その訳は、妻が頼んだケバブサンドを夫が買わなかったからだという。

 

外出した際に妻の要求を拒んだ夫

 

報道によると、今回離婚を請求したのはエジプト人女性のSameehaさん。

 

結婚後、夫婦で外出した際に、彼女は夫にシャワルマが食べたいと話した。しかし夫はそれを拒み、オレンジジュースのみを彼女に与えたという。

 

シャワルマとは、薄切り肉を野菜などと一緒にパンに挟んで食べる、中近東でポピュラーな食べ物。日本では、ケバブサンドとして知られている。

 

flickr/Louis Claparols

 

婚姻後40日の夫婦に起こった悲劇

 

Sameehaさんは地元のメディアに答えた。

「私たちは伝統的な風習にのっとった結婚でした。彼とは結婚の2ヶ月前に初めて会い、こんなにケチな人だとは知りませんでした。」

 

「結婚して始めの週に彼は言いました。『外出は嫌いだ、金の無駄だからだ』と。」

 

ケバブサンドを拒み、オレンジジュースを与えた夫は、自身の財産を搾取している、と妻を非難したという。

 

その後Sameehaさんは夫との離婚を決意。現在、裁判所にて離婚調停中だという。結婚してまだ40日の出来事だった。

 

テレビが離婚の原因に!?

 

一方で、テレビが理由で離婚を決めた女性もいる。

 

結婚して4年のエジプト人女性Hebaさん。夫婦には娘が一人いるが、彼らも伝統的な風習の結婚だったという。彼女の両親が「経済的に安定している」として、夫を連れてきたのだ。

 

「結婚してからずっと、彼は弱い性格で、私を守ってくれていないと感じていました。彼はお金を消費することを恐れ、貯蓄の為に働いていました。」

 

テレビの購入を拒否する夫、それに怒る妻

 

きっかけは自宅に家族や友人を招いた時のことだった。

 

子供たちがテレビを見たがったのだが、テレビの調子が悪く、Hebaさんが1時間もの間修理を試みたのだが、結局映らなかったそうだ。

 

「その場に夫がいたので伝えたのですが、彼は意図的に私を無視したのです。」

 

大勢の客の前で恥ずかしい思いをしたHebaさん、皆が帰った後大喧嘩になったという。

 

それでも新しいテレビを購入するのを拒んだ夫に愛想を尽かし、実家に戻ったHebaさんだったが、夫は話し合いを拒否。

 

そしてHebaさんは離婚を決意した。夫は離婚を拒否しているというが、彼女はイスラム法に基づいた女性から離婚する手続きを進めているという。

 

離婚に至る結婚の問題点とは

 

たかがケバブやテレビで離婚?と思うかもしれないが、それらはきっかけに過ぎない。

 

原因は、相手のことをよく知らずに結婚したことから生ずる性格の不一致だからだ。

 

これらのケースのように、エジプトを始めとする中東社会では、親や知人が相手を見つけるという伝統的な結婚が多い。

 

(もちろん恋愛結婚もあるが、交際中でも2人きりにはならないなど、「清い交際」が大前提であり、日本のそれとは大きく異なる。)

 

伝統的な結婚で円満な家庭を築いている夫婦もたくさんいるが、一方で相手の性格が極端な場合、それを知らずに結婚し、破綻してしまうケースがあるのも事実だ。

 

いずれにせよ、結婚前には「これだけは譲れない」という点を十分に確認するのが、賢明だろう。(了)

 

出典:Arab News:It’s a wrap: Egyptian woman files for divorce after just 40 days over shawarma (2/18)

出典:Arab News:Egyptian wife asks for a divorce from husband for ‘refusing to buy new TV’ (2/6)

Return Top