Switch news

ロシア軍の生物スパイか?ノルウェーの沖合でハーネスをつけたベルーガを発見

ロシア軍の生物スパイか?ノルウェーの沖合でハーネスをつけたベルーガを発見
Facebook/Respectanimalrights

ノルウェーの漁師が先週、沖合でハーネスをつけたベルーガを発見し、さまざまな憶測が飛び交っている。

 

ベルーガの体にハーネス

 

そのベルーガが見つかったのは4月26日、ちょうど北極圏で漁をしていた漁船の船員が泳いでいるのを目撃したという。

 

ベルーガはよく人に慣れており、漁師が網を下ろそうとしていた時、網を噛んだり、船に頭をぶつけてきたりしたそうだ。

 

そして驚くことに、その体にはしっかりと締められたハーネスを身につけていたとか。

 

"Sentient Beings"-🔵@maestro320 's Notes: It is not clear how this Beluga Whale got these straps around but obviously she was in distress as she repeatedly approached fishermen for help. This amazing rescue was filmed on location off the Coast of Finnmark, Northern Norway courtesy of Jergen Ree Wiig @wiiiig and Yngve H. Eide @yngveheide and shared to all of us through Travel Group, Norge @norge – Fisherman frees white whale from body harness in northern Norway today!🙌🏻🙌🏻🐋In recent days, the white whale has approached fishing boats off the coast of Finnmark in northern Norway. Fisherman Joar Hesten, was able to remove two straps attached to the animal late Friday after several failed attempts by personnel from the Norwegian Directorate of Fisheries. The whale was likely not fully grown and would have suffered as a result of the straps…#Norge video/photo by: @wiiiig , @yngv3 Håvard Hesten, and Allan klo/NRK•The beluga whale (/bɪˈluːɡə/) (Delphinapterus leucas) is an Arctic and sub-Arctic cetacean. It is one of two members of the family Monodontidae, along with the narwhal, and the only member of the genus Delphinapterus. It is also known as the white whale, as it is the only marine mammal of this colour; the sea canary, due to its high-pitched calls; and the melonhead, though that more commonly refers to the melon-headed whale, which is an oceanic dolphin.Beluga whale populations are currently being harvested at levels which are not sustainable and it is difficult for those harvesting beluga whales to know which subpopulation they are from. Because there is little protection of subpopulations, harvest will need to be managed to ensure subpopulations will survive long into the future to discover the importance of their migratory patterns and habitat use. Beluga whales, like most other arctic species, are being faced with alteration of their habitat due to climate change and melting arctic ice. It is still not well understood why beluga whales use annual ice, but it is hypothesised to be a place of shelter from killer whale predation or a place they go to feed on schooling fish. (Continued in comments in @maestro320 post 👇👇👇)

Respectanimalrightsさんの投稿 2019年4月28日日曜日

ロシア軍の施設から逃げ出してきた?

 

ノルウェー漁業管理庁のスポークスマンであるJoergen Ree Wiig氏によれば、そのハーネスには「備品、サンクトペテルブルグ」と書かれており、アクションカメラを装着できるようになっていたという。

 

その後、漁業関係者が極寒の海の中に入り、ベルーガの体からハーネスを取り外したのだが、この出来事によりある憶測が広がることに。

 

それはベルーガが、ロシア軍の施設から逃げ出してきたのではないか、というものだ。

 

さらにノルウェーの新聞社・Aftenpostenは、ロシア軍が海の哺乳類を使って軍事目的で訓練させている可能性について伝えている。

 

Facebook/Respectanimalrights
Facebook/Respectanimalrights

ソビエト時代にはイルカを使って訓練

 

UiTノルウェー北極大学・海洋生物学教授のAudun Rikardsen氏も、「ムルマンスクにあるロシア海軍が関与した可能性がある」と語っており、ロシア北西部コラ半島にあるムルマンスク周辺には大規模な軍事基地があると指摘している。

 

もっとも現時点では、ベルーガが何のために訓練を受けたのか、また今回の出来事がこの地域におけるロシア軍の活動の一部であるかどうかについては分かっていない。

 

またロシア軍が過去に、軍事目的でクジラの仲間を使用したという記録もないらしい。

 

ただソビエト時代には、イルカを使った本格的なトレーニング・プログラムを実施していたという。

 

冷戦時代、ソビエト軍はクリミア半島の街、 Sevastopol にある基地を使用しており、機雷や他のものを探査するため、または爆発物を仕掛けるなどの軍事目的で、海の哺乳類を訓練していたそうだ。

 

また2016年にはロシアの防衛大臣が、トレーニング・プログラム用に5頭のイルカを購入するため公募入札すると明らかにしていたとか。

 

今回の出来事を受け、ノルウェーの軍関係者もベルーガに着けられていたハーネスに関心を示しており、当局も調査を進めているという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Beluga whale with Russian harness raises alarm in Norway(4/29)

出典元:METRO:Russian ‘spy’ beluga whale spotted headbutting fishing boat off cost of Norway(4/29)

Return Top