Switch news

アポロ11号の月面着陸から50年、記念塔でプロジェクション・マッピングを開催へ

アポロ11号の月面着陸から50年、記念塔でプロジェクション・マッピングを開催へ
Twitter/National Air and Space Museum

アポロ11号が月面に着陸してから50年を記念し、アメリカを象徴する場所で、プロジェクション・マッピングのショーが行われる予定とされている。

 

月面着陸までのストーリーを表現

 

スミソニアンの国立航空宇宙博物館によれば、このプロジェクション・マッピングは7月19日から2日間にかけて行われるという。

 

場所はワシントンD.C.にある国立公園「ナショナルモール」。そこにあるワシントン記念塔の東側の壁面に、363フィート(約110m)のサターンVロケットの画像などが投影されるそうだ。

 

またプロジェクション・マッピングのショーは17分間続き、ロケットの打ち上げ場面の再現や、最初に月面に着陸するまでのストーリーが語られるという。

 

Twitter/National Air and Space Museum

アポロ計画の参加者を祝福するため

 

スミソニアン博物館は、このショーを実現させるために米内務省や、プロジェクション・マッピングのイベント経験やデジタル技術を持つ50の制作会社とパートナーを組んだという。

 

また記念党に投影されるものは、すべてスミソニアン博物館やNASAが所蔵する映像や画像になるそうだ。スミソニアン博物館のEllen Stofan氏は、次のように語っている。

 

「ワシントン記念塔は、私たちの国がまとまって成し遂げてきたものの象徴です。また現在、未来に成し遂げるものの象徴でもあります。アポロを実現させるために、50州から40万人が参加しました。今回のプログラム(ショー)は、彼らを祝福するためのものです。まだ若くてアポロの月への打ち上げの経験を直接していない世代にも、影響を与えられることを願っています」

 

 

サターンVロケットの画像の投影はすでに16日から実施されているが、ショーは7月19日と20日の午後9時30分、10時30分、11時30分と3回行われるという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Saturn V projected on Washington Monument to commemorate 50th anniversary of first moon landing(7/17)

Return Top