Switch news




チンパンジーが枝を梯子のように使い囲いから脱走、遭遇した来園者もびっくり

チンパンジーが枝を梯子のように使い囲いから脱走、遭遇した来園者もびっくり
Facebook/Dean McFaul

先日、北アイルランドの動物園でチンパンジーが木を使って囲いから逃げ、その映像がネットでも公開された。

 

通路の茂みから大きなチンパンジー

 

その出来事が起きたのは先週の土曜日、場所は「ベルファスト動物園」だという。

 

動画は来園者によって撮影されたのだが、そこにはチンパンジーが木の枝を立てかけ、梯子のように使い、高い壁を乗り越えていく様子が映っていた。

 

 

また別の動画では、通路脇の茂みから、突然大きなチンパンジーが姿を現す場面も映っている。

 

攻撃的ではなく、ただ眺めていた

 

来園者の1人であるDanielle Monaghanさんは「チンパンジーが攻撃してきたり、子供を連れ去ったりするかもしれないと思い、びっくりして身がすくみました」とコメント。

 

しかし同時に「チンパンジーは攻撃的ではなく、ただ(周りや人を)見ていました。そのためこの経験は驚きでした」と語っている。

 

ただこの出来事を受け、緑の党のリーダーであるClare Bailey氏は、動物園の安全対策について懸念を表明。誰にも危害が加えられなかったことを「ラッキー」だったと述べた。

 

嵐により木が折れやすくなっていた

 

動物園関係者によると、囲いの中にあった大きな木の枝は、最近起きた嵐によって折れやすくなっており、チンパンジーがそれを即興で壁に立てかけ、梯子のように使ったという。

 

そのためこの出来事は、非常に稀な出来事だったと述べており、現在その木の枝が朝の点検の後に落ちたのかどうか、調査しているそうだ。

 

チンパンジーはその後、自発的に囲いの中に戻ったようだが、この動物園では先月もレッサーパンダが逃げており、問題になったと言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Belfast Zoo chimp escape raises ‘safety concerns’(2/10)

出典元:INDEPENDENT:Chimpanzees escape from Belfast Zoo enclosure using tree branch ladder(2/10)

Return Top