Switch news

知っておきたい世界のニュース

豪の海で女性が母クジラのヒレに打たれケガ、子供を守ろうとする

豪の海で女性が母クジラのヒレに打たれケガ、子供を守ろうとする
flickr_texaus1

オーストラリア人の女性が、海に潜っている最中にクジラのヒレで激しく叩かれ、ケガを負うという事故が起きた。

 

スノーケリングのツアーに参加中

 

その事故が起きたのは8月6日、場所は西オーストラリア州にある人気スポットの「Ningaloo環礁」とされている。

 

当時、30歳になる女性・Alicia Ramsayさんは、スノーケリングのツアーに参加をしており、環礁付近を潜っていたという。

 

その時、ザトウクジラの母親と子供が接近。特に子供のクジラが、人間たちをチェックするために近寄ってきたそうだ。

 

その結果、子供は母親のクジラと人間との間に位置することになり、母クジラは防衛態勢を取り始めた。

 

比較的軽傷ですんだ

 

Ramsayさんによれば、クジラの母親は人間と子供の間に自分を置こうとし、ヒレを突き出し、それが彼女にぶつかったという。

 

Ramsayさんはその後、すぐに王立パース病院へ空から搬送されるも、幸い膝の裏の腱を損傷しただけで、比較的軽傷で済み、まもなく全治すると考えられている。

 

実はこの事故が起きる前、8月1日にも同じ海域で、29歳のオーストラリア人の女性が、2頭のザトウクジラに挟まれたという。

 

そしてやはり女性はクジラのヒレで激しく叩かれ、肋骨を骨折。内出血もしたそうだ。

 

西オーストラリア州の「生物多様性保護アトラクション省」は、今回の2つの事故に関して調査を続けている。(了)

 

 

出典元:BBC:Ningaloo Reef: Second woman injured by whale at Australia tourist hotspot(8/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top