Switch news

米のディズニーランドがゴーストタウンに?ガラガラの園内に観光客もびっくり

米のディズニーランドがゴーストタウンに?ガラガラの園内に観光客もびっくり
Instagram/@disneyfunsize

アメリカにあるディズニーランドで、訪れた人も困惑するほど、客が少ない状態になった。

 

「すいていて、ちょっと怖い」

 

カリフォルニア州にあるディズニーランド・リゾートは、5月に「スター・ウォーズ・ギャラクシー・エッジ」のアトラクションをオープンさせたばかり。

 

そのため園内も混雑しているかと思えば、実はゴーストタウンのような状態になっているという。

 

実際、あるツイッターユーザーは「こんなにすいているなんて、ちょっと怖い」と投稿。

 

またある人物も6月27日に「ディズニーランドの規則により、ここはゴーストタウンになった」とツイートしている。

 

 

さらにあるインスタグラム・ユーザーも「こんなにすいているディズニーランドを見たことある? 30分で3回もスペースマウンテンに行ったよ」と投稿した。

 

Instagram/@disneyfunsize
Instagram/@disneyfunsize
Instagram/@disneyfunsize
Instagram/@disneyfunsize
Instagram/@disneyfunsize
Instagram/@disneyfunsize

混雑緩和策の一環だった

 

実はこれ、ディズニーランドが混雑緩和のため、いくつかの対策を行った結果だという。

 

その対策の1つは、特別予約した人だけ、「ギャラクシー・エッジ」に入れるようにしたこと。ただしこのルールは、6月23日以降は適用されていない。

 

またもう1つの対策は、年間パスポートでの入場制限。6月から8月まで特定の日は、年間パスポートを持っていても入れないようにしたそうだ。

 

さらにアクセスや人々の流れを改善するために、園内の施設を再点検。収容スペースを拡大させ、通路も広く作り直し、植物やフードカートなども取り除いたという。

 

これによって人々はゆったり過ごせるようになったとか。

 

しかし写真を見る限り、やはりこの対策はちょっと効きすぎたのかもしれない。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Disneyland visitors shocked to find the park is a ‘ghost town’ – despite the opening of $1BN Star Wars: Galaxy’s Edge – with new crowd control measures blocking annual passes all summer and widening walkways working a little TOO well(7/17)

Return Top