Switch news

知っておきたい世界のニュース

建設現場で物をつかんでお手伝い、「ボストン・ダイナミクス」のロボットがさらに進化

建設現場で物をつかんでお手伝い、「ボストン・ダイナミクス」のロボットがさらに進化
YouTube/Boston Dynamics

アメリカに拠点があるロボットメーカー「ボストン・ダイナミクス」社の新しい動画が、YouTube上で公開されている。

 

モノをつかんで運ぶことを示す

 

その動画に登場するには、2足歩行ロボットの「アトラス」だ。

 

「アトラス」はこれまでも、走ったり、空中で一回転したりと、驚くような動作を披露してきたが、今回の動画では実際にモノをつかんで運ぶことが示された。

 

建設現場を設定とする動画でも、「アトラス」が足場の上に木材を置いたり、工具袋を持って運んだり、豪快な空中反転をしたりする様子が映っていた。それがこちら。

 

スポンサーリンク

ロボットの指は2本だけ

 

「ボストン・ダイナミクス」は動画において、次のように説明している。

 

「アトラスが新しいスキルを身につけ、実際に手を動かす時が来ました(略)アトラスはオブジェクトと対話し、ゴールに向かってコースを修正し、運動能力、感知能力、スポーツ熱の限界に挑戦しています」

 

今回、新たに取り付けられた手は、固定された指と調整可能な指の2本だけ。しかし動画では、これで物をしっかり掴めることが示された。

 

また動画を見た人は、「アトラス」がさらに滑らかな動きを見せていると指摘。「正直、ロボットがこんなに滑らかに動き回るのを見るのは、ちょっと奇妙だけど、すごいことだ」とコメントしている。

 

このまま進化し続ければ、ロボットが実際の建設現場で作業する日が近いかもしれない。(了)

 

出典元:MailOnline:Atlas takes on CONSTRUCTION WORK! Boston Dynamics’ two-legged robot runs, leaps and picks up lumber and tool bags in incredible new footage(1/19)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top