Switch news

かゆいところにも手が届く、米スタートアップが新しい網目状のギプスを開発

かゆいところにも手が届く、米スタートアップが新しい網目状のギプスを開発

ギプスといえば痒くても、かくことができないため、辛い思いをした人も多いのではないだろうか。

 

しかしアメリカのスタートアップ企業がそんな不便さを解消する、新しいギプスを開発した。

 

網目状になった新しいギプス

 

その企業とは、イリノイ州のシカゴを拠点にする「Cast21」だ。

 

「Cast21」が開発したギプスは網目状をしており、チューブの中に樹脂を流し込むことで型を作り、骨折した箇所を固定することができるという。

 

しかも網目になっていることで、痒い部分をかくこともでき、お風呂に入る時や体を動かす時にも付けたままでいられるそうだ。

 

Cast21

清潔に保つことができる

 

そもそも従来の石膏やファイバーグラスを使ったギプスはお風呂にも入れないため、患部を清潔に保つことができず、皮膚が感染症にかかりやすくなると言われている。

 

しかしこの新しいギプスならば、清潔にすることが可能で、感染症のリスクも防げるという。

 

Cast21

 

また通常のギプスを外すときには、医者がのこぎりを使って切るが、その時には破片が飛び散り、周りは散らかり、患者も切られる場面を見るのを余儀なくされる。

 

しかし新しいギプスなら、取り除くのは簡単。医者が大きなハサミを用意し、チューブの部分を切るだけ。それにより素早く取り外せるそうだ

 

しかもこれは、従来のギプスよりも素早く、固定させることもできるという。(了)

 

 

出典元:Good News Network:Revolutionary New Arm Cast is Waterproof, Breathable, and Itch-Free(11/24)

出典元:METRO:Uncomfortable plastic casts to be ‘a thing of the past’(11/20)

Return Top