Switch news

知っておきたい世界のニュース

道で倒れる人も…新型コロナウイルスで封鎖された中国武漢の様子とは?

道で倒れる人も…新型コロナウイルスで封鎖された中国武漢の様子とは?
Twitter/Badiucao

新型コロナウイルスで交通機関が閉鎖され、事実上人の往来ができなくなった中国湖北省の武漢。その様子がネットに投稿されている。

 

そこには道端で人が倒れているなど、ショッキングな光景が映し出されていた。

 

倒れている人々を救急隊員が運ぶ様子

 

まずは待合室で倒れている男性が、白い化学防護服を着た医療関係者とみられる人々に運ばれていく場面。

 

 

下は、自宅で感染した人物なのだろうか?ストレッチャーでやはり白い防護服を着た数人に運ばれていく様子が映っている。

 

 

店先で倒れている男性。通行人らが心配そうに見守る中、やがて防護服を着た救急隊員らしき人が、そばへ近寄っていく。

 

 

これらの患者がすべて、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになったわけではない。(そもそも搬送される段階で検査は行われておらず、全く別な病気やケガで倒れた可能性もある)

 

またこれらの動画が全て確認されているわけではない。ハッシュタグに「コロナウイルス」や「武漢」とあるが、実際はそうではないものも含まれる場合があるかもしれない。それが確認された場合には、削除をさせていただく。

 

人で溢れかえる病院

 

ツイッターには病院の様子も投稿されており、どこも多くの患者が訪れているようだ。下の動画でも通路には多くの人で溢れかえっている。

 

 

こちらでは病院の外にまで並んでいる様子が見て取れる。

 

 

このような状況のためか、屋外に隔離用の大型テントを設置する様子も見られた。

 

 

実際ツイッターには、熱があるのに受け入れてくれる病院がないといった内容も多く投稿されている。

 

医療関係者への負担が増大

 

医療関係者への負担も増大しているようだ。下の動画では長時間、働き続けてきた医師とみられる男性が、当局へ電話をし、怒りを露わにしている様子が映っていた。

 

 

また医療関係者の女性と夫が両方とも発熱したが、隔離されても2歳と生後4カ月の赤ん坊がおり、面倒を見てくれる親族が武漢市に入れない状況だと訴える投稿も。

 

 

3人の遺体が、病院の廊下に12時間近く置かれた状況を伝える動画もある。

 

 

さらに街では消毒が行われているらしく、通りに白い煙が上がる様子も投稿されている。

 

厳重に封鎖された駅

 

駅の前では白い防護服を着た兵士と思われる人間が、銃を手に立っていた。

 

 

今回の封鎖により、人々は市から出ることもできなくなったが、もしその規則を破れば3年以上、7年以下の有期刑を言い渡される可能性があるとも言われている。

 

 

まだ現時点では感染力が強くないと言われているが、動画からは武漢の人々の困難な状況がうかがえる。(了)

Return Top