Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型のコロナウイルスの潜伏期間はもっと長い?27日後に発症した男性がいた

新型のコロナウイルスの潜伏期間はもっと長い?27日後に発症した男性がいた
weibo

新型コロナウイルスの潜伏期間が、これまでの予想よりも長い可能性があるとして、中国の地方政府が発表した。

 

湖北省に住む男性のケースを報告

 

2月22日に湖北省のウェブサイトで発表された内容によれば、同省内に住む70歳の男性が、新型コロナウイルスに感染後、27日後まで発症しなかったケースがあるという。

 

その男性の名前は「Jiang」という苗字しかわかってない。彼は1月に湖北省の東部にある鄂州市に住む姉のもとを車で訪れていたそうだ。

 

彼は姉と近くで接し、1月24日に同省の北西部の街、神農架林区にある自宅に車で戻ってきたが、その後姉が新型コロナウイルスに感染していることが判明する。

 

2月20日に発症し、翌日陽性と判明

 

そして「Jiang」さんは2月20日に発熱。翌日の検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが明らかとなる。

 

現在、新型コロナウイルスの潜伏期間はWHOの報告では14日間と考えられているが、今回の男性を含めた新しいデータでは、予想以上に潜伏期間が長い可能性が示唆されているという。

 

中国ではすでに2300人がこの新型コロナで亡くなっているが、潜伏期間が長いとなると、より対処する努力が複雑化すると考えられている。

 

潜伏期間については以前から、24日まであるのではないか、といった意見も聞かれていたが、今回のケースが出たことで改められる可能性が出てきたと言えるかもしれない。(了)

 

 

出典元:ABC net:Fears coronavirus quarantine regime is compromised as 27 day incubation period detected in man in China’s Hubei Province(2/23)

Return Top