Switch news

知っておきたい世界のニュース

NZが再び新型コロナの封じ込めに成功か、ロックダウンの緩和を宣言

NZが再び新型コロナの封じ込めに成功か、ロックダウンの緩和を宣言
Facebook/Jacinda Ardern

ニュージーランド政府は、新型コロナウイルスの2回目となる感染拡大を押さえ込み、ロックダウンの緩和を行うと発表した。

 

「もし必要なら再び引き上げる」

 

ニュージーランドの最大都市、オークランドでは8月11日、102日ぶりに新型コロナの市中感染が確認され、翌12日からロックダウンを実施した。

 

そして当時は警戒レベルが「3」に引き上げられたが、今回新規感染者が2名になったことなどを受け、ロックダウンの緩和を決定。警戒レベルも「2」に引き下げられた。

 

しかしジャシンダ・アーダーン首相は、記者会見において「もし必要になれば、政府は再び警戒レベルを引き上げることになるでしょう」と述べており、今回の実質的な警戒レベルも「2.5」としている。

 

現在の新型コロナの患者数は?

 

ニュージーランド保健局は、8月29日に新型コロナの新規感染者は2人だったと発表。そのうちの1つのケースはすでに感染が確認されている人物と、家庭内で接触したと考えられている。

 

またもう1つのケースは医療センターで起きたもので、現在センターは消毒作業が行われており閉鎖されているという。またこの感染者は1人暮らしのため、家庭内感染の心配はないらしい。

 

ニュージーランドでは8月16日までに1つのクラスターから、49人が新型コロナに感染。現在、136人の感染者がいるが、病院に入院しているのは10人だけで、そのうちの2人が集中治療室で手当てを受けているそうだ。

 

公共交通機関ではマスク着用義務

 

警戒レベルが「3」の時は、基本的に住民は自宅に待機する必要があり、人々が集まることも禁止されていた。

 

しかし警戒レベルが「2」になったことで、10人まで集まることが許可され、お葬式も最大50人までなら出席が可能になるという。

 

ただ12歳以上のすべての人々は、公共交通機関を利用する際にはマスクの着用義務があり、社会的距離を保つ必要もあるそうだ。

 

その上でアーダーン首相は、「もしオークランドの人々がマスク着用を拒否するのなら、そのルールをさらに強めることになるでしょう」と述べている。

 

ニュージーランドでは新型コロナ対策として「早い段階から徹底的に行う」としており、感染拡大を防ぐことが最大の経済対策だとしている。(了)

 

 

出典元:9NEWS:New Zealand PM Ardern lowers Auckland restrictions to ‘level 2.5’(8/30)

出典元:Nzherald:Covid 19 coronavirus: Jacinda Ardern announces level 2.5 for Auckland; two new cases today(8/30)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top