Switch news

知っておきたい世界のニュース

ミャンマーで治安部隊により149人の市民が死亡、国連人権高等弁務官事務所

ミャンマーで治安部隊により149人の市民が死亡、国連人権高等弁務官事務所
Twitter/Myanmar Now

国連の関係者が、ミャンマーでクーデターに反対する市民の多くが殺害され、拷問を受けていると明らかにした。

 

遺体には拷問された跡も残る

 

国連人権高等弁務官事務所は、ミャンマーの治安部隊の取り締まりにより、クーデター以降、少なくとも149人の市民が殺されたと語った。

 

軍事クーデターに反対する市民らは、平和的なデモを行っているが、3月15日にも治安部隊によって11人が殺害され、先週末にかけて57人が死亡したという。

 

また2084人以上が恣意的に拘束されたままで、ここ数週間で捕らえられた人のうち、5人の死亡が確認された。また少なくとも2人の遺体には激しい身体的虐待の痕跡があり、拷問されたことが示されたそうだ。

 

軍は戒厳令を発令、市民は抗議を継続

 

国連のスポークスマンであるRavina Shamdasani氏は、声明で次のように述べている。

 

「私たちがまだ裏付けることのできなかった、さらなる殺害が行われたとする数多くの報告があります。私たちは、取り締まりが厳しくなり続けていることに、深く不安を感じています。そのため私たちは何度も軍に対し、デモ参加者を拘束したり、殺したりすることをやめるよう要求しています」

 

3月15日、軍側は先月のクーデターによって引き起こされた社会不安に対応するため、第1の都市であるヤンゴンや、第2の都市であるマンダレーにおいて、戒厳令を発令したという。

 

しかし市民は、それに従わず、軍事クーデターのリーダーであるMin Aung Hlaing将軍によって起こされた政権転覆に異議を唱え、通りに出て抗議活動を続けているそうだ。

 

またShamdasani氏は、軍が課した戒厳令や通信途絶によって、人々が殺害されたり避難したりした地域との連絡が取れず、ミャンマー内での情報の確認がさらに困難になっていると述べている。(了)

 

出典元:ABC News:At least 149 killed in Myanmar since protests against military started: UN(3/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top