Switch news

知っておきたい世界のニュース

米情報機関の元トップが、さらなる未確認飛行物体の情報を公開すると発言

米情報機関の元トップが、さらなる未確認飛行物体の情報を公開すると発言
Twitter/Daniel Chaitin

アメリカの元情報機関のトップが、これまで目撃された数多くの未確認飛行物体(UFO)に関する情報を、今後公開すると明らかにした。

 

国家情報長官をしていた人物

 

その人物とは、トランプ政権下で国家情報長官を務めていたJohn Ratcliffe氏だ。

 

彼は3月19日、Fox Newsの番組に出演。次のように述べたという。

 

「公表されているよりもはるかに多くの目撃情報があります。それらのいくつかは機密解除されています。その目撃というのは、海軍や空軍のパイロットによって見られた物体について、または衛星画像によってとらえられた説明するのが難しい物体のことです」

 

「それらは私たちが技術を持っていない、複製するのが難しい動きをし、またはソニックブームなしで音の壁を超える速度で移動します」

 

世界中で目撃されている

 

またRatcliffe氏によれば、このような未確認飛行物体は世界中で目撃されており、それらの情報は、単にパイロットや衛星、または情報機関が得たものだけではないという。

 

さらに不可解な飛行物体に対し、情報機関もなんとかそれらしい説明をつけようとするが、それらの存在を正しく評価できないそうだ。その上でRatcliffe氏は、次のように語っている。

 

「通常、これらのものを検出する複数のセンサーがあります。したがって、これらのいくつかは説明のつかない現象であり、実際には公開されているものよりもかなり多くあるのです」

 

国防省は、未確認飛行物体の報告について、6月1日までに発表する予定だという。(了)

 

 

出典元:Yahoo News:A former intelligence official says an upcoming government report will detail ‘difficult to explain’ UFO sightings(3/22)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top