Switch news

知っておきたい世界のニュース

アフリカ・マリ共和国の女性が「9つ子」の赤ちゃんを出産、大統領も協力

アフリカ・マリ共和国の女性が「9つ子」の赤ちゃんを出産、大統領も協力
Twitter/Nigeria Newspapers Online

西アフリカの国、マリ共和国で暮らす女性が「9つ子」の赤ちゃんを出産したとして、注目を集めている。

 

超音波検査で7人の赤ちゃんを確認

 

その女性とは、Halima Cisseさん(25)。彼女は今年の3月、妊娠中にマリの病院で超音波の検査を受けたという。

 

その時、7人の子供を宿していることが判明。当時、医師はCisseさんには、特別なケアが必要だと述べていたそうだ。

 

やがて、このことを耳にしたマリ政府の暫定大統領であるBah Ndaw氏は、Cisseさんをモロッコの病院へ運ぶよう命じた。

 

5人が女の子、4人が男の子

 

やがてモロッコの病院へ搬送されたCisseさんは5月4日に出産。しかし予定していた7人より2人も多い、「9つ子」が生まれたという。

 

9人のうち5人が女の子で、4人が男の子。全員が帝王切開によって生まれたそうだ。

 

 

マリ政府のFanta Siby保健大臣によれば、現時点では母子ともに健康で、数週間後にはCisseさんたちが帰国する予定だという。

 

またモロッコの保健省のスポークスマンであるRachid Koudhari氏は、このような出産が国内の病院で行われた例は聞いたことがない、と述べている。

 

ただ「9つ子」というのは非常に稀なケースで、この種の多胎妊娠では医学的な合併症により、一部の赤ちゃんが妊娠満期を迎えられないことがあることから、医師は赤ちゃんの生存や母親の健康状態を気にかけているという。

 

ちなみに2009年には、チュニジアで「12つ子」が生まれたとの報道もあった。(了)

 

出典元:The Guardian:Mali woman has given birth to nine babies, says health ministry(5/5)

出典元:Reuters:Malian woman gives birth to nine babies(5/5)

Return Top