Switch news

知っておきたい世界のニュース

来日した米・体操女子選手1人が新型コロナ陽性、もう1人も自主隔離へ

来日した米・体操女子選手1人が新型コロナ陽性、もう1人も自主隔離へ
Instagram/Tokyo2020

アメリカの体操選手が来日後、検査で新型コロナウイルスの陽性と判定された。

 

2人の補欠選手が自主隔離

 

その体操選手とは、Kara Eakerさん(18)。彼女はアメリカの体操チームの補欠選手として、すでに来日していたという。

 

彼女は2カ月前に新型コロナのワクチン接種を終えていたが、先日オリンピック・トレーニング・キャンプで検査した結果、陽性と判定された。

 

そして現在、Eaker選手と、同じコーチの指導を受けている補欠のLeanne Wong選手が、それぞれ自主隔離に入っているそうだ。

 

アメリカの体操協会も、2人の名前を明らかにしてはいないものの、陽性反応が出た選手ともう一人の補欠選手は、追加の隔離制限を受けることになると述べている。

 

また声明で「オリンピック選手は、当初の予定通り、別の宿泊施設と別のトレーニング施設に移動し、大会に向けた準備を継続します」と述べている。

 

6人の代表選手と一緒に来日

 

すでに報道では、選手や関係者が陽性反応を示したと連日伝えられているが、Eaker選手は、アメリカ選手団の中で、最初に陽性になった選手となる。

 

またEaker選手を含む4人の補欠選手は、世界選手権およびオリンピックのチャンピオンであるSimone Biles選手を含む、6人の代表選手とともに日本へ渡航していた。

 

Eaker選手は一度「偽陽性」が疑われ、その後の検査で一度は「陰性」になったという。しかし、後日複数の検査をした結果、陽性と判断された。

 

現在、Eaker選手の体調は良好で、新型コロナの症状は出ていないという。(了)

 

出典元:ABC News:US Olympic gymnastics alternate tests positive for virus(7/20)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top