Switch news

知っておきたい世界のニュース

【イギリス】中学9校のカフェテリアが生徒の顔認証でキャッシュレスに、生体認証が義務化する懸念も

【イギリス】中学9校のカフェテリアが生徒の顔認証でキャッシュレスに、生体認証が義務化する懸念も
CRB Cunninghams

スコットランドにある中学校・高校の9校が、生徒用カフェテリアに顔認証システムを導入する。子供たちが「顔払い」でランチできるようになるのは便利だが、プライバシー保護運動家からは、そこまでする必要があるのか、という声が上がっている。

 

顔認証で現金不要に

 

イギリスメディアによれば、スコットランドのノース・エアシャー州にある9校では顔認証の機器設置が完了し、近々稼働を始めるとのこと。

 

このシステムは、カフェテリアの列に並ぶ生徒の顔をスキャンし、データベースに登録してある本人写真とつき合わせ、合致すると電子決済を行う。

 

CRB Cunninghams

 

システム導入に携わったCRB Cunninghams社によれば、この決済にかかる時間はわずか5秒。昼食時の長蛇の列を解消できるうえに、人との接触を減らすので、新型コロナの感染対策にもなるそう。同社のマネージング・ディレクターであるDavid Swanston氏は、海外メディアにこう話す。

 

「中学校(のカフェテリア)では、大体25分の間に、1000人近くの生徒にランチを出さなければなりません。なので、素早い決済処理が必要なのです」

 

プライバシーに関する不安

 

顔認証システムは空港や国境警備、警察の犯人捜査などに使われており、もちろん、本人の承諾を必要としない。このようなシステムが学校でも使われれば、将来、顔認証がごく普通のことになってしまうのではないかと、プライバシー保護運動家は心配している。

 

メディアによれば、顔認証システムで生徒の出欠をとろうとした学校が以前にあり、猛批判を浴びた結果、アメリカ・ニューヨーク州などでは禁止されているそう。

 

今回のスコットランドの9校では、生徒父兄の過半数が顔認証導入に賛成しているという。しかし、イギリスのプライバシー保護団体「Big Brother Watch」のSilkie Carlo氏は不安を拭えず、メディアに次のように話している。

 

「(学校への導入は)ごく日常的な事柄に生体認証チェックを用いることを、統一基準にしようとしているのです。しかし、空港で使われるようなテクノロジーを、ランチを食べようとする子供にまで敢えて使う必要はありません」(了)

 

出典元:Metro:Nine UK schools start scanning children’s faces to take their lunch money(10/17)

出典元:Yahoo News UK:Schools set to use facial recognition software to take children’s lunch money(10/18)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top