Switch news

知っておきたい世界のニュース

金正恩の黒革トレンチコート、流行しすぎでついに禁止へ

金正恩の黒革トレンチコート、流行しすぎでついに禁止へ
Twitter/Colin Zwirko @ColinZwirko

金正恩氏が、黒革のトレンチコートを自分以外が着ることを禁止したと伝えられている。皆が正恩氏を真似て、同じようなコートを着始めたことが理由らしい。

 

北朝鮮のファッショントレンドに

 

「スタイルを意識する独裁者」とアメリカメディアに揶揄される正恩氏が、最初に黒革トレンチコートを着て公の場に現れたのは2019年と言われている。最近は1カ月以上も姿を見せず、病気説や死亡説まで流れていたが、先週、朝鮮中央通信が両江道三池淵市を訪れた正恩氏の写真を公表。そこでも正恩氏は同じタイプのコートを着ていた。

 

北朝鮮には、正恩氏に心酔し、そのファッションを真似る人たちがいるという。そんな彼らが、2019年の正恩氏のコート姿にシビれてしまったようだ。

 

最初は、本革のコートを買える政府高官たちが次々と黒革トレンチ姿になり、やがて国内の洋服メーカーが輸入した合皮でコピーを作り始めた。その結果「北朝鮮のほぼ全ての市場で同じタイプのコートが売られ」若者たちはそれを着て街を闊歩するようになった、と報じられている。

 

ファッションポリスが取り締まり

 

極東のニュースを専門に扱うメディア「Radio Free Asia」によれば、黒革トレンチの取り締まりは、冗談ではなく、本格的に行われているそうだ。

 

警官が市中を巡回し、店で黒革トレンチが売られているのを見つけると没収。市民は、着て歩いているだけで没収されると伝えられている。

 

首都・平壌に近い平城市の住人は、メディアにこう証言している。

 

「若い人たちは、自分のお金で買ったコートなんだからいいじゃないか、と警察に抗議します。でも警察は、最高尊厳(金正恩)と同じような姿になるような服を着るのは、『最高尊厳の権威に歯向かう不純なトレンドだ』と言うのです。誰が革のコートを着るかは、党が決めるのだそうです」

 

ちなみに革のコートは、北朝鮮では桁外れに高価だ。2018年の国民の平均月収は約4000ウォンで、本革のコートはなんと約17万ウォン、合皮でも約8万ウォンもすると伝えられている。(了)

 

出典元:New York Post:North Korea bans leather coats after Kim Jong-un sparks copycat craze(11/29)

出典元:rfa:North Korea bans leather coats to stop citizens from copping leader’s iconic look(11/24)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top