Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシア軍がウクライナの市民を標的か?住居や幼稚園なども被害に

ロシア軍がウクライナの市民を標的か?住居や幼稚園なども被害に
Twitter/Illia Ponomarenko

ウクライナのDenys Shmyhal首相は26日、記者会見を開き、ロシア軍が民間人などを攻撃していると非難した。

 

「軍事裁判にかけられるだろう」

 

Shmyhal首相は記者会見で、ロシア軍が幼稚園や民間居住区、子供たちの乗ったバスなどにも砲撃を加えたと明らかにした。

 

その上で、「ロシア軍の司令官は、間違いなく軍事裁判にかけられるだろう。敵は、ウクライナの子供たちを殺した罪で、必ず罰せられるだろう。ウクライナは彼らを決して許さない」と強い口調で非難した。

 

さらに首相は、ロシアが意図的に民間インフラを攻撃しているのは、攻撃で「失敗」しているからだと述べている。

 

ロシア軍は、エネルギー施設にも攻撃を加えているらしく、ネットにも複数の動画がアップされている。下の動画は石油施設が攻撃された様子。

 

 

こちらは北東部の都市、ハリコフにあるガスのパイプラインが炎上する様子。

 

スポンサーリンク

小児がん病院も砲撃を受ける

 

ロシアは当初、自軍がウクライナの軍事施設だけをターゲットにしていると主張してきた。

 

しかし民間の施設を攻撃しているという報告は、実際いくつか出ていた。

 

26日には、首都キエフにある「Okhmadyt小児がん病院」が砲撃を受けたという。

 

この砲撃により、子供1人が死亡、2人が負傷。2人の成人が負傷した。

 

 

目撃者は、都市が多連装ロケット弾発射システムから攻撃を受けていると報告している。

 

この病院は昨年、助成金を得て、「最新の設備と低侵襲手術のための強力な遠隔医療センター」を立ちあげることができたという。

 

またアムネスティ・インターナショナルも、ロシアが国際人道法で保護されている場所への攻撃で「民間人地域への無差別攻撃」を行ったと非難している。

 

しかしロシア軍も戦闘で、多くの損害を被ったと言われている。下はロシア軍の損害を表したもの。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine latest news: western allies to cut some Russian banks out of Swift payments system – live

出典元:CNN:Ukraine vows to punish Russia for war crimes in military tribunal after targeting of civilians

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top