Switch news

知っておきたい世界のニュース

走り続ける地下鉄で、無視され続けたホームレス女性の死

走り続ける地下鉄で、無視され続けたホームレス女性の死
SLR Jester/Flickr

2月24日の朝、どこででも起こりえるある悲劇が、ニューヨーク市内を走る地下鉄で起こった。

 

電車の中で息絶えたホームレス女性

 

朝7時15分。ニューヨークのブルックリンエリアを走る地下鉄で、30代とみられるホームレス女性の死体が見つかった。その場所で彼女が過ごしていた時間は、短いものではなかったのだろう。パジャマ姿で、周囲にはごみが散乱している状態だったという。

 

彼女が息絶えるまで、そして息絶えた後も、きっと彼女の姿を多くの人が見て見ぬふりをしていたはずだ。

 

警察によると、事件性はないとみられているが、死因については調査中とのこと。

 

スポンサーリンク

電車内で死亡するホームレスが急増中

 

実は電車内で死亡した人物は、今年に入って彼女で8人目。昨年の同じ時期と比べても、驚きの数字だ。薬物の過剰摂取で亡くなった1人を除いては、多くがホームレスだったとみられている。

 

その中で身元が分かっているのは、2月9日に亡くなったAudrey Lumerさんだ。家を失って4年目のことだ。精神疾患を抱えていたという。

 

ホームレス支援団体のCoalition  for the Homelessによると、ニューヨーク州内で亡くなるホームレスは、2012年の170人から2020年には613人に膨れ上がっている。冬になると寒さから逃れるために、駅に向かう人も多いのだ。

 

電車内で亡くなったホームレスの中には、死亡から13時間も電車に乗ったままだったケースもあったという。

 

日本から遠く離れたニューヨークのニュースだが、コロナ禍におけるホームレスの増加、そして人々の無関心は、他人事とはいえないだろう。(了)

 

参考:Daily News「Woman believed homeless found dead on NYC subway train in Brooklyn as deaths of destitute on transit continue to surge」(2/24)

参考:NY「NYC sees increase in people found dead in subway this year」(2/13)

アイキャッチ画像出典元:SLR Jester/Flickr

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top