Switch news

知っておきたい世界のニュース

フライト遅延を予測して大量の旅行保険を購入、遅延補償で4600万円儲けた中国女性が逮捕

フライト遅延を予測して大量の旅行保険を購入、遅延補償で4600万円儲けた中国女性が逮捕
写真AC

旅行保険で支払われる遅延補償金を狙って、遅延しそうなフライトを予約し、日本円にして総額約4600万円を懐に入れていた中国の女性が、保険金詐取の疑いで逮捕された。

 

データから遅延を予測

 

その女性は中国・南京市に住む45才。李という苗字だけが公表されている。海外メディアの報道によると、彼女は本名以外に20ほどの偽名を使い、2015年から2019年にかけて、約900のフライトの遅延補償保険を購入(加入)。そのフライトが遅延・キャンセルされる度に保険金(日本円にして数万円程度)を受け取り、総額で約300万元(約4500万円)を稼いでいた。

 

もちろん、手当たり次第のフライトで保険を購入したところで、その便が遅延するとは限らない。だが彼女は、過去に旅行業界で働いていた経歴があり、フライトルート上の気象データから悪天候を予想したり、遅延の原因となる他のデータをチェックするなどして、かなりの高確率で遅延を当てていた。これを「ギャンブル」と呼んでいるメディアもある。

 

保険金詐取の疑いで逮捕

 

彼女は友人・知人の名を借りて正体を隠していたが、900件以上の保険金請求はやはり目立ってしまったようだ。密かに捜査していた南京市警察は、2020年4月29日にこの女性を保険金詐取の疑いで逮捕した。「詐取」であると見なされる要因は2つあるらしい。

 

1つは、実際に乗らないフライトについて保険の補償金を申請し、受け取ったこと。中国の一部の保険会社では、本人が該当するフライトに実際に乗ることを支払い条件として明記しておらず、この女性は、そういった保険を狙って購入していたようだ。

 

もう1つは、この女性がフライト遅延の情報を、あらかじめどこかから得ていたという可能性が挙げられている。これについては確かなことは分かっておらず、現在、南京市警察が捜査中とのこと。

 

彼女に保険金(遅延補償金)を支払ってしまった保険会社は、今回の件を受けて規約を改定した。今では、実際に搭乗した本人にしか遅延補償金が支払われようになっている。(了)

 

出典元:The Paper:不坐航班也能赔付延误险?多个平台已堵上漏洞:不乘坐不理赔(6/12)

出典元:Odditycentral:Woman Makes Over $400,000 Buying Insurance on Flights She Predicted Would Get Delayed(6/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top