Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシア軍が2389人の子供を誘拐、強制連行か:米大使館

ロシア軍が2389人の子供を誘拐、強制連行か:米大使館
flickr_Nenad Stojkovic

ウクライナに侵攻しているロシア軍が、東部の2州において、数多くの子供たちを誘拐していると、アメリカ大使館が発表した。

 

ドネツク州とルガンスク州で「誘拐」

 

ウクライナの首都・キエフにあるアメリカ大使館は3月22日、ウクライナ外務省の発表を引用し、東部のドネツク州とルガンスク州で、ロシア軍が2389人の子供たちを「違法に連れ去っている」と発表した。

 

さらに2389人の子供たちはロシアへ連行されたとし、これは「支援」ではなく「誘拐」だとツイートした。

 

 

ウクライナ外務省も21日の声明で、ロシア軍が子どもを強制的に連行したことは「国際法の重大な違反」だと述べている。

 

スポンサーリンク

マリウポリからも子供を強制連行

 

またロシア軍は、マリウポリなどからも民間人を支配下にある東部地域に強制連行していると報道されており、ウクライナ政府も、マリウポリから子供たちを違法に連行していると非難している。

 

ウクライナのイリナ・ヴェネディクトヴァ司法長官も、怒りを込めて、次のようにツイートしている。

 

「ロシア軍は我々の子どもたちを標的にし、殺害しているだけでなく、ロシアに強制的に移動させている。ウクライナの一時占領地からロシアへの2389人の子どもの強制連行について調査が行われている」

 

スポンサーリンク

ルガンスク州の小児病院も砲撃

 

さらに22日にはロシア軍が、ルガンスク州の町、Severodonetskにある小児病院を砲撃。病院の屋根が火災に見舞われたという。

 

この砲撃による犠牲者数は明らかになっていないが、火災発生後、7人の子供と15人の大人が病院から退避したと言われている。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war: Russian forces now ‘inside Mariupol’; 2,389 children ‘kidnapped’ by Russian forces, US says – live(3/22)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top