Switch news

知っておきたい世界のニュース

サル痘患者が増加、スペインで120人、ポルトガルで96人、イギリスで179人

サル痘患者が増加、スペインで120人、ポルトガルで96人、イギリスで179人
flickr_NIAID

サル痘の患者が世界各地で増えており、特にスペインやポルトガルで少しずつ増加している。

 

24カ国で435人の感染を確認

 

Our World in Data」によると、5月29日の時点で、アフリカ以外の24カ国において435件に及ぶサル痘の確定症例と疑い症例が発生しているという

 

ただし今回の流行による死者はまだ記録されていない。

 

サル痘が中央・西アフリカ諸国で散発的に発生するのは珍しくないが、今回はヨーロッパや北米、オーストラリアで患者が急増している。

 

世界保健機関(WHO)のサル痘の技術責任者であるロザムンド・ルイス氏は5月30日、サル痘がパンデミック(世界的大流行)に拡大する可能性があるかどうか尋ねられ、「答えは、わからないが、そうは思わない」と述べている。

 

スポンサーリンク

スペインやポルトガル、英で増加

 

ただ各国でサル痘患者が多く確認されており、懸念が広がっている。特に目立つのはスペインやポルトガル、イギリスだ。

 

スペイン保健省が5月30日に発表した内容によると、週末に発生したサル痘の患者数は22件増加し、120件となったという。ただし土日は情報の発表がないため、週明けの数値が上昇する。

 

またポルトガルでも、5月27日から22件増加し、96件になったと保健当局が発表した。

 

イギリスでも、イングランドでさらに71人の感染者が確認され、5月7日以降、確認された感染者の総数は179人となったという。

 

中でもイングランドでの感染者が多く、スコットランドで4人、北アイルランドで2人、ウェールズで1人の感染が確認されている。

 

またアラブ首長国連邦でも、サル痘の患者がさらに3人発生したと、保健省が5月30日に発表した。

 

アラブ首長国連邦で最初に感染が確認されたのは、西アフリカから同国を訪れた29歳の女性だったとされている。(了)

 

出典元:REUTERS:Monkeypox cases rise in Spain to 120 and in Portugal to 96(5/30)

出典元:Sky News:Monkeypox: People with symptoms should not have sex, new UK guidance says(5/31)

出典元:CNBC:WHO can’t rule out monkeypox pandemic risk, says there’s a window of opportunity to stop outbreak(5/30)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top