Switch news

知っておきたい世界のニュース

アルバニア、ロシア大使館前の通りを「フリー・ウクライナ」に改名

アルバニア、ロシア大使館前の通りを「フリー・ウクライナ」に改名
Twitter/Visegrád 24

地中海に面するアルバニアで、ウクライナを支援するため、通りの名前が変えられた。

 

市議会では全会一致で可決

 

アルバニアの首都・ティラナには、1つの通り沿いに、ロシア大使館とウクライナ大使館が並んでいるという。

 

そして3月7日、ティラナ市議会は、全会一致で、大使館の並ぶその通りを「フリー・ウクライナ」と改名することを承認した。

 

これはウクライナを支援すると同時に、ロシア政府に対する抗議の姿勢の表れだと考えられている。

 

スポンサーリンク

「ロシア大使館の職員には…」

 

ロイター通信によれば、今までこの通りは、アルバニアの国民的英雄であるスカンデルベルクの妻、ドニカ・カストリオティにちなんで命名されていたという。

 

今回、ティラナ市長のエリオン・ヴェリアジ氏は「通りの改名は、ロシア大使館の職員には、思い知らされることになるだろう」と述べている。

 

そして「ロシア人はフリー・ウクライナの通りの住所で働き、生活し、郵便物を受け取らなければならなくなるのです。この通りが私たちの街を定義することになるのです」と語った。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war: humanitarian corridor opened from Sumy; Moscow threatens to cut gas supplies to Europe – live(3/8)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top