Switch news

知っておきたい世界のニュース

北朝鮮にあるロシア大使館の職員らが、トロッコを押して国境を越える

北朝鮮にあるロシア大使館の職員らが、トロッコを押して国境を越える
Instagram/mid.rus

ロシアの大使館職員らが、手押しトロッコに乗って国境を越える様子が撮影され、注目を集めている。

 

北朝鮮の北側国境をトロッコで越える

 

その動画を2月25日に公開したのは、ロシア外務省だ。

 

動画には、北朝鮮の平壌にあるロシア大使館で働く職員と、子供を含むその家族、8人の様子が映っていた。

 

彼らはまず平壌から32時間かけて列車で移動。その後、バスを乗り継ぎ、北朝鮮の北側にあるロシアとの国境付近まで辿り着いたという。

 

さらに、そこから手押しトロッコを押して、1マイル(約1.6km)以上も移動し、ついにハサン地区にかかる橋を渡り、ロシア領内に入ることができたそうだ。その様子がこちら。(右矢印で他の動画も見ることができる)

 

新型コロナの影響で移動制限

 

実は北朝鮮は新型コロナウイルスのパンデミックのために、昨年1月から約1年以上もロシアとの間の移動を遮断していたという。

 

実際、国境も1年以上閉鎖され、旅行客の行き来も中断されていたため、ロシア大使館の職員らも母国へ帰るためにはこのような手段をとる他なく、長く困難な道のりを進まねばならなかったそうだ。

 

国境を越えた大使館職員とその家族は、ロシア側で待っていた外務省の担当者と会い、その後バスに乗り、160マイル(257km)離れたウラジオストク空港に辿りついたという。

 

このグループのうちの1人であるVladislav Sorokin氏は、大使館の書記官だと言われている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Russian diplomats forced to use hand-pushed railway cart to get home from North Korea(2/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top