Switch news

知っておきたい世界のニュース

ラジオのDJが朝の番組中に死亡、原因は心臓発作か?【イギリス】

ラジオのDJが朝の番組中に死亡、原因は心臓発作か?【イギリス】
Twitter/RadioToday UK

イギリスで、ラジオの司会者が番組中に亡くなり、悲しみが広がっている。

 

音楽が止まり、沈黙が続く

 

亡くなったのは、ティム・ゴフ(Tim Gough)氏(55歳)だ。

 

彼は10月24日、サフォーク州ラックフォードの自宅で、ラジオ局「GenX Radio」の朝の番組を収録していたという。

 

しかし番組開始から1時間後、曲の途中で音楽が止まり、沈黙が続いたそうだ。

 

その時、すでにゴフ氏は亡くなっていたと見られ、番組中に心臓発作に襲われたと見られている。

 

スポンサーリンク

10年ぶりに朝の番組で司会

 

ゴフ氏は、1986年からラジオ局での仕事に携わり、一度引退するも、最近10年ぶりに復活し、「GenX Radio」の朝の番組の司会を務めていたという。

 

「GenX Radio」はこのDJに敬意を表し、ツイッターでも次のように哀悼の意を示した。

 

「我々の親愛なる友人であり、朝の司会者であったTim Goughが今朝、番組の放送中に亡くなりました。そのことをお知らせしなければならないのは、最も重い心境です。(略)ティムは、自分が好むことをし続けてきました。彼は55歳でした。安らかに眠れ、バディ(相棒)」

 

 

またBBCのジャーナリストであるSteph Miskinさんも賛辞を送り、「ティムは友人や家族にとても愛情を注いでいました。ティムほど素敵な男性には出会えません。とても美しい魂の持ち主です。私たちは彼を失って、とても寂しいです」と述べている。(了)

 

出典元:METRO:Radio DJ ‘dies on air presenting his breakfast show’(10/24)

 

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top