Switch news

知っておきたい世界のニュース

「Just Stop Oil」が『真珠の耳飾りの少女』を標的、しかし失敗か?

「Just Stop Oil」が『真珠の耳飾りの少女』を標的、しかし失敗か?
Twitter/Steven Bakker

イギリスの環境活動団体「Just Stop Oil」が、今度はオランダの美術館で抗議を行った。

 

禿げた頭を接着させようとするも…

 

「Just Stop Oil」の2人の活動家らは10月27日、オランダのハーグにある美術館に入り、新たな絵画をターゲットにした。

 

その絵とは、オランダ人画家のヨハネス・フェルメールが描いた『真珠の耳飾りの少女』だ。

 

2人のうち1人の活動家は、『真珠の耳飾りの少女』のガラスに、禿げた頭を接着させようとしたという。

 

そしてなぜか、もう1人の活動家は、禿げた人物にトマトソースのようなものを掛け、自分の指を壁に接着させたそうだ。

 

しかし禿げた男性は最終的には、絵画に自分の頭を接着させることはできなかったらしい。その様子がこちら。

 

 

その後、オランダ警察はこの美術館で3人を逮捕したと発表。しかし詳細は明らかにしていない。

 

スポンサーリンク

イギリス国内では1カ月も抗議

 

「Just Stop Oil」の活動家は、石油やガスのプロジェクトを停止するよう政府に要求しており、イギリス国内ではすでに1カ月以上も活動しているという。

 

また先日は、ドイツの環境団体「Letzte Generation(最後の世代)」の活動家が、ポツダムにあるバルベリーニ美術館に入り、モネの絵画にマッシュポテトをぶちまけた。

 

またこのような抗議活動はイタリアでも行われ、今年の7月にはフィレンツェのウフィツィ美術館で、活動家がボッティチェッリの名画『春』に自らを接着させている。(了)

 

出典元:METRO:Protesters target ‘Girl with a Pearl Earring’ painting in Dutch museum(10/27)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top