Switch news

知っておきたい世界のニュース

「習近平は辞めろ!」中国各地で異例の大規模な抗議デモが勃発

「習近平は辞めろ!」中国各地で異例の大規模な抗議デモが勃発
Twitter/少城

先週末から、中国各地で激しい抗議デモが発生しており、共産党の指導者に対する怒りが巻き起こっている。

 

ゼロコロナ政策への不満を背景に

 

このデモのきっかけになったのは、11月24日に新疆ウイグル自治区の州都ウルムチで、アパートの火災が起き、少なくとも10人が死亡、9人が負傷したことだという。

 

この火災では、ゼロコロナ政策により、犠牲者が家から脱出できなかったのではないかとの見方が広がり、やがてネット上でも怒りの声が噴出。11月25日には、ウルムチでデモが発生した。(中国当局は、コロナ政策が原因とは認めていない)

 

さらに国民の「ゼロコロナ政策」への不満を背景に、共産党に対する抗議デモが各地で勃発。11月26日や27日には、上海や北京、武漢、成都、西安などでも、大規模な抗議デモが行われたという。

 

スポンサーリンク

日本でも習近平の退陣を求める

 

上海では、20代を中心とした数百人の人々が、新疆ウイグル自治区にちなんで名付けられたウルムチ通りの交差点に集まり、ろうそくや白い紙、看板を持って死者を追悼していたそうだ。

 

さらに抗議する人々は増え、通りでは皆が新型コロナの規制緩和を求め、「我々は自由を求める」や「習近平は退陣せよ!」「共産党は退陣しろ」と叫ぶ様子も見られたという。

 

 

日本でも多くの中国人の若者たちが新宿駅西口の地下に集まり、習近平の退陣や共産党の下野を求め続けた。

 

 

また中国各地の抗議デモで、多くの人々が治安部隊と対峙し、争う様子もネットに投稿されている。

 

スポンサーリンク

天安門事件以来の広がりか?

 

これまで人々が路上に出て、習主席の辞任を求めることは、少し前までは考えられないことだった。このため今回の大規模な抗議デモは、天安門事件以来の広がりを見せているとの指摘もある。

 

ただしその分、治安部隊が本格的に投入されれば、天安門事件よりもはるかに多くの犠牲者が出ることも危惧されている。

 

そもそも中国当局は、新型コロナの蔓延は、例え毒性の低い変異株であっても、大量の死者を出す可能性があると懸念し続けているという。

 

また中国国内で開発された新型コロナ・ワクチンは、海外で開発されたワクチンよりも一般的に効果が低く、中国政府は海外のメッセンジャーRNAワクチンを国内で使用することも承認していない。

 

さらに多くの年配の中国人は、ワクチン接種やブースター接種に抵抗があり、副作用を警戒し、あるいは新型コロナに感染しても安全だと考えている人もいるそうだ。

 

このため中国共産党の主要紙である人民日報は、習近平氏のゼロコロナ政策を堅持するよう国民に呼びかけたという。(了)

 

出典元:New York Times:Protests Erupt in Shanghai and Other Chinese Cities Over Covid Controls(11/26)

出典元:BBCジャパン:北京と上海でも異例の抗議行動 ゼロコロナに反発、習氏辞任の要求も(11/28)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top