Switch news

知っておきたい世界のニュース

再びロシア国内にある空軍基地にドローン攻撃、3人の軍関係者が死亡

再びロシア国内にある空軍基地にドローン攻撃、3人の軍関係者が死亡
Twitter/BSA

ロシア国内にある空軍基地が、再びドローン攻撃を受け、犠牲者が出ている。

 

エンゲリス空軍基地に再び攻撃

 

ロシア国営メディア「タス通信」によれば、ウクライナのドローンが12月26日、ロシアのサラトフ州にある空軍基地を攻撃したという。

 

ウクライナのドローンはモスクワ時間の午前1時35分頃に、エンゲリス空軍基地に接近。その後、低空で撃墜されたそうだ。

 

しかし、落下したドローンの破片などに当たり、軍の関係者3人が死亡したと伝えている。

 

スポンサーリンク

空軍基地で2回の爆発が起きた

 

エンゲリス航空基地は、ウクライナ国境から600km以上も離れ、モスクワの南東730kmに位置する。

 

この基地への攻撃は今月の初めにも行われ、その時も3人の軍人が死亡し、2機の航空機が被害を受けたという。

 

今回の攻撃により、ロシア軍の航空機に被害が出たのかは明らかになっていない。

 

ただウクライナの通信社「RBC」は、今回の攻撃ではエンゲリス空軍基地で爆発音が聞こえ、2回の爆発があったと報じている。下の動画については、検証はできていない。

 

スポンサーリンク

破壊工作員がロシア領内に侵入

 

またロシア連邦保安庁は、ウクライナの「破壊工作グループ」が12月25日にロシアのブリャンスク地方に入ろうとして「処分」されたと発表した。

 

ブリャンスク地方はウクライナやベラルーシの国境近くに位置している。ロシア連邦保安庁によれば、破壊工作員らは外国製の銃と4つの爆発装置で武装していたという。

 

しかし今回のドローン攻撃や、破壊工作員の侵入に関して、ウクライナ側は関与を明らかにしていない。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war live: Ukraine aiming for peace summit in February, says foreign minister(12/26)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top