Switch news

知っておきたい世界のニュース

「1平方メートルあたり3、4個の地雷」ウクライナの高官が現状を報告

「1平方メートルあたり3、4個の地雷」ウクライナの高官が現状を報告
X_NOELREPORTS

ウクライナの高官が、戦場での現状について、国営テレビで発言した。

 

「まったく気が狂っている」

 

ウクライナ国家安全保障・国防会議のオレクシー・ダニロフ書記は8月2日、ウクライナの国営テレビに出演。

 

ロシア軍には数カ月の占領期間中、防衛線を準備し、大規模な地雷原を敷設する十分な時間があったとし、次のように語ったという。

 

「敵は、このような事態を想定して徹底的に準備してきた。我が軍が奪還した領土にある地雷の数は、まったく気が狂っている。平均して、1平方メートルあたり3、4、5個の地雷がある」

 

またダニロフ書記は、ウクライナ軍の進軍速度が予想よりも遅いが、人命がかかっているため急ぐことはできないとし、次のように述べている。

 

「自分たち以外、誰も我々に期限を決めることはできない。決められたスケジュールというものはない。(略)軍事作戦は複雑で困難であり、多くの要因に左右される」

 

スポンサーリンク

雑草が進軍を阻んでいる

 

一方、イギリス国防省は毎日発表している報告において、戦場での雑草がウクライナの攻勢を妨げているとの見方を示した。

 

そもそもウクライナ南部の戦場では、暖かく湿った夏の条件下で、雑草や低木の成長が加速し、下草が生い茂っているという。

 

そして雑草が生い茂ることで、ロシアの防衛陣地がカモフラージュされ、地雷原の除去が困難になるそうだ。

 

無論、ウクライナ兵にとって植物は隠れ蓑になる。しかし全体的には進軍を難しくし、戦闘が遅々として進まない一因になっているとの見方を示した。

 

スポンサーリンク

ロシアのカルーガ州にドローン

 

ロシアでは、モスクワの南西にあるカルーガ州に8月3日、ドローンが飛来し、地元の知事が撃墜したことを明らかにした。

 

インターファックス通信によれば、カルーガ州のVladislav Shapsha知事はテレグラムにおいて、ロシア軍が7機目のドローンを撃墜したと述べたという。

 

またこのドローン攻撃では、インフラや人々にも被害は及んでいないそうだ。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war: EU bans drone sales to Belarus and adds state TV presenters to sanctions list – as it happened(8/3)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top