Switch news

知っておきたい世界のニュース

「母親が銃を撃ち父親を殺した…」女優のS・セロンが過去を告白

「母親が銃を撃ち父親を殺した…」女優のS・セロンが過去を告白
Instagram/charlizeafrica

南アフリカ出身の女優、シャーリーズ・セロンさん(44)が、過去に自身や母親に起きた悲劇を赤裸々に語った。

 

父親がドアに向けて3発も銃を発射

 

セロンさんが先日、アメリカの公共ラジオネットワーク「NPR」に語ったところによれば、彼女が10代の頃、父親のチャールズ・セロンさんから殺されそうになったことがあるという。

 

1991年のある日、彼女の父親はひどく酔っぱらっていて、銃を手にしながら家に戻ってきた時には、すでに歩けない状態だったそうだ。

 

セロンさんと母親のGerdaさんはベッドルームにいたが、父親はその部屋のドアを押して、無理矢理入ってこようとしていたとか。

 

そのためセロンさんと母親は内側からドアに寄りかかり、父親が部屋に入れないよう押さえていたという。

 

その後、父親はドアから数歩下がり、ドアに向かって3発も銃を発射。しかし奇跡的に、2人には弾は当たらなかったそうだ。

 

母親が拳銃で父親を撃つ

 

しかしその後、母親のGerdaさんは自身が所有していた拳銃を取り出し、父親のチャールズさんに向けて発砲。父親は死亡した。

 

その後、Gerdaさんは不起訴となる。というのも発砲が正当防衛とみなされたからだ。

 

セロンさんは、家庭内暴力についての意識を高めるためにも、自分の過去の悲劇を話すのは決して恥ずべきことではないと語っている。その上で次のように述べたという。

 

「この種の暴力、家庭内で起きる暴力は、私が多くの人々とシェアしたいことです。そのことを話すのを恥ずかしがってはいません。多くの人とこれらのことを話すほど、私たちは1人ではないと、より気づくからです」

 

セロンさんによれば、彼女の父親は長い間アルコール依存症であり、それが自宅で取り返しのつかない状況に導いたという。(了)

 

 

出典元:PageSix:Charlize Theron ‘not ashamed’ to talk about her mom killing her father(12/17)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top