Switch news

知っておきたい世界のニュース

女性ラッパー、カーディ・Bが、ニューヨーク「最悪の火災」の犠牲者17人の葬儀費用を出す

女性ラッパー、カーディ・Bが、ニューヨーク「最悪の火災」の犠牲者17人の葬儀費用を出す
Instagram/iamcardib

今月9日、ニューヨーク市ブロンクス地区で大規模なマンション火災が発生。日本のメディアが「最悪の火災」として報じたのを見た方もいるだろう。

 

この火災で死亡した犠牲者たちの、葬儀費用を肩代わりしようという奇特な人物が現れた。女性ラッパーのカーディ·Bだ。

 

ブロンクス出身のカーディ·B

 

元ストリッパーだったというカーディ・Bさんは、肌の露出度や過激な歌詞で知られる人気ラッパー。慈善や人助けなどとは程遠いイメージがあるが、17人と報じられている犠牲者全員の葬儀費用を負担しようというのだから意外だ。

 

単なる売名行為だ、という声も聞こえてきそうだが、実はそうではない。火災があったニューヨーク・ブロンクス地区は彼女が育った場所。思い入れのあるその土地の人たちが災難にあっているのを、黙って見ていられなかったらしい。海外メディアに、彼女は次のようなコメントを発表している。

 

スポンサーリンク

災難を乗り越えて前進できるように

 

私は、自分がブロンクス出身であることをとても誇りに思っています。また、多くの親類や友人が、今もブロンクスで働き、生活しています。

そのため、今回の火災やその被害者のことを聞いた時、何らかの方法で助けなければと思いました。被害者の家族が感じている心の痛みや苦しみは、私には想像がつきません。しかし、彼らが、失った大事な人の葬儀費用を心配しなくて済むようになれば、心の傷を癒して前進していく助けになるのではないかと思います。

この惨事に巻き込まれた方々全員に祈りを捧げ、哀悼の意を表します。

 

犠牲者の多くは西アフリカの出身らしい。遺族は遺体を祖国に埋葬することを望んでおり、そのためには多額の費用がかかる。

 

カーディ・Bさんの支援は、ニューヨーク市当局の協力の元に行われる。Eric Adams市長は、犠牲者家族にとって重要な経済的支援を行う彼女を讃え、「マイクの前にいる時も、そうでない時も、真のスーパースターであるカーディ・Bさんに感謝します」とコメントした。(了)

 

出典元:CNN:Cardi B pledges to pay funeral costs for Bronx fire victims(1/20)

出典元:Atlanta Black Star:I Needed to Do Something to Help’: Cardi B Volunteers to Cover Burial Costs of Victims of Tragic Bronx Apartment Building Fire(1/20)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top