Switch news

知っておきたい世界のニュース

白塗りされたバンクシーの有名な壁画、取り壊される可能性

白塗りされたバンクシーの有名な壁画、取り壊される可能性
Instagram/banksy

イギリスの町に描かれたバンクシーの巨大な壁画が、白塗りにされ、取り壊される可能性が出てきた。

 

地方議会がこの建物を取得

 

その巨大な壁画とは、2017年5月にイングランド南東部の町、ドーバーにある建物に出現という。

 

それはイギリスのEU離脱(ブレグジット)を象徴する絵画で、脚立に乗った男性が、EUの旗に描かれた1つの星を削り、全体にひびが入っている様子が描かれていた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Banksy(@banksy)がシェアした投稿

 

この壁画は100万ポンド(約1億6000万円)の価値があるとも囁かれていたが、2019年8月には白塗りが施されてしまった。

 

KentOnline

 

そして今年9月には、ドーバー地方議会がこの建物の権利を取得。今後、建物や壁画も取り壊される可能性が指摘されている。

 

バンクシーも白塗りされたことに気づいており、新たな投稿で、次のようにコメントしている。

 

「ブレグジット(イギリスのEU離脱)の日に、ドーバーの作品を、これに変えようと思っていたんだ。しかし、彼らはそれを上塗りしたようだ。気にしないでください。大きな白い旗がそれを物語っているのだろう」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Banksy(@banksy)がシェアした投稿

スポンサーリンク

壁画が白塗りの下に残されている?

 

しかしエセックス州ブレントウッドにある「ブランドラー・ギャラリー」のオーナーであるジョン・ブランドラー氏は、壁画が白塗りの下に残されていると見ている。

 

そして現在、それを修復して再びドーバーの町に展示したいと考えているという。

 

ブランドラー氏は、ドーバーの町に、世界で6番目のストリート・アート美術館を作りたいと思っているそうだ。彼は次のように語っている。

 

「あの壁画を取り除くことは、モナリザを廃棄するようなもので、道徳的に犯罪的なことです。エッフェル塔を金属スクラップとして売るようなものです。ブレグジット(EU離脱)に賛成かどうかにかかわらず、わが国の歴史における重要な時代を反映しており、再び表示されれば、町にとって素晴らしい魅力となるはずです」

 

ブランドラー氏は、自身のギャラリーにバンクシーの作品をいくつか置いており、この壁画を修復して他の作品と並べることで、地域の財産にすることができると考えている。(了)

 

出典元:MailOnline:Anti-Brexit Banksy artwork valued at £1million that was whitewashed over could be DEMOLISHED under council plans to build on the site(12/21)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top