Switch news

知っておきたい世界のニュース

薬剤カクテルと短期間の治療で、カエルの足を再生させることに成功:タフツ大学

薬剤カクテルと短期間の治療で、カエルの足を再生させることに成功:タフツ大学
Tufts University

アメリカの研究者が、カエルの足を再生させることに成功し、研究結果を発表した。

 

自然に再生できなくなったカエルの足

 

この研究を行ったのは、アメリカのタフツ大学とハーバード大学のWyss研究所の科学者たちだ。

 

彼らは、自然に足を再生できなくなった大人のアフリカツメガエルに、5つの薬を混ぜた「薬剤カクテル」を与えたという。

 

彼らはその「薬剤カクテル」をシリコン製のキャップ(装着型バイオリアクター・ドーム)に入れ、24時間だけ、カエルの失われた足の部分をキャップで覆い、密封したそうだ

 

その結果、機能する足の再生を誘発させることに成功。18か月後には機能的な足が蘇った。

 

Tufts University
スポンサーリンク

ほぼ完全に機能する足を再生

 

5つの薬剤は、それぞれ炎症を抑えたり、傷跡の原因となるコラーゲンの生成を抑制したり、神経線維や血管、筋肉の新生を促したりするなど、異なる目的をもっていたという。

 

これらの薬の組み合わせとキャップにより、局所的な環境とシグナルが提供され、傷口を閉じようとする自然な傾向から、再生プロセスへとスケールアップさせたそうだ。

 

研究者らは、治療した多くのカエルで組織が劇的に成長し、ほぼ完全に機能する足が再生されるのを確認したという。

 

また新しい足は、自然の足の特徴を持つ骨構造を持ち、神経細胞などの内部組織も豊富で、骨の支えはないものの、脚の先端からいくつかの「つま先」も生えていたそうだ。

 

さらに再生した足は動き、硬い繊維で触られるなどの刺激に反応し、カエルはそれを利用して通常のカエルと同じように水中を泳ぐことができたという。

 

スポンサーリンク

胚の中で使われる分子が活性化

 

その後、研究チームは短期間の治療で、このように足が再生できるメカニズムを探ったという。

 

彼らは治療後、数日のうちに、ある分子経路が活性化していることを検知。この分子経路は、体の形成が促進される時に、通常発達中の胚の中で使われるものとなる。

 

そしてこの分子経路が活性化されれば、何カ月もの間、継続的な治療介入を必要とせず、胚で起こるのと同様に、組織の成長や編成の負担を足自身で処理できる可能性があるという。

 

タフツ大学スターン・ファミリー工学部教授でこの研究の共著者であるデビッド・カプラン氏は、次のように述べている。

 

「最初の24時間にバイオドームキャップを使うことで、羊水のような環境を模倣することができ、適切な薬剤と共に、傷口組織の干渉を受けずに再生プロセスを進行させることができるのです」

 

今回の5種類の薬剤の組み合わせは、カエルの四肢の完全な機能回復に向けた重要な到達点であり、薬剤と成長因子の組み合わせをさらに検討することで、より機能的な四肢の再生につながる可能性があることを示唆している。(了)

 

 

出典元:Tufts University:Scientists Regrow Frog’s Lost Leg(1/26)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top