Switch news

事故現場で死んだ主人を18カ月も待ち続けるワンコ、見守る地元の人々の気持ちが暖かい

事故現場で死んだ主人を18カ月も待ち続けるワンコ、見守る地元の人々の気持ちが暖かい
YouTube/Nafpaktianews Web TV

交通事故で亡くなった主人を待ち続けているワンコのため、地元の住民が世話をし、暖かく見守っているとして、注目を集めている。

 

18カ月も事故現場から動かず

 

そのワンコが留まっている場所は、ギリシャの街、Nafpaktosにある道路脇だという。

 

ワンコの飼い主だったHarisさん(当時40歳)は、2017年11月9日にその場所で、ミキサー車と衝突し、亡くなったと言われている。

 

以来、ワンコは帰らぬ飼い主を待ち続け、18カ月間も事故現場の道路脇から動かず過ごしてきたそうだ。

 

YouTube/Nafpaktianews Web TV
YouTube/Nafpaktianews Web TV

住民が一時的な犬小屋を作る

 

亡くなったHarisさんの家は事故現場から7.5マイル(約12km)も離れており、どうやってワンコがこの場所に来たのかも分かっていない。

 

ただワンコはこの場所に執着し、強い日差しが照りつける日でも、草むらの木陰に横たわるなどして過ごしてきたという。

 

YouTube/Nafpaktianews Web TV

 

しかも見かねた付近の住民が引き取ろうとしたが、ワンコはその場から離れるのを拒否したそうだ。

 

このため今では地元の住民が食べ物や水、暖かいブランケットを用意。さらに一時的な犬小屋を設置し、亡くなったHarisさんのお堂も建てたという。

 

地元の住民はこのワンコを「忠犬ハチ公」になぞらえており、今も暖かく見守っているそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Loyal dog remains at the spot where his master was killed in a car crash for 18 months in Greece – with locals building a shrine and makeshift home for the animal(7/15)

出典元:REPORTER:Greek Hachiko Waits in Vain Next to Owner’s Roadside Shrine(7/12)

Return Top