Switch news

世界で最も寒い地域も最高気温が32℃に到達、中東よりも暑かった

世界で最も寒い地域も最高気温が32℃に到達、中東よりも暑かった
The Siberian Times

世界で最も寒い地域とされる、ロシア連邦西部にあるサハ共和国。ここでは先日、最高気温が32℃に達し、多くの人々が涼しげな氷河へ集まったという。

 

中東のイエメンよりも気温が高かった

 

サハ共和国の首都であるヤクーツクは、永久凍土の上に作られた世界で最も大きな都市とされている。

 

このためか冬になるとマイナス60℃にも低下し、世界で最も寒い地域と言われてきた。しかし7月14日は、最高気温が32℃に達し、中東のイエメンよりも暑くなったという。

 

そのため多くの人がBuluus氷河に集まり、薄着や水着姿で過ごし、涼んだという。

 

Buluus氷河はヤクーツクから100km離れた深い谷になっている場所にあり、氷河が1000ヘクタールの土地を覆い、夏の間もほとんど氷が溶けないそうだ。

 

View this post on Instagram

❄️ #булуус

A post shared by 𝔸𝕟𝕒𝕤𝕥𝕒𝕤𝕚𝕒 (@anastsia_sia) on

市内の川辺にも多くの人々が集まる

 

実はこの地域は、夏の熱波に襲われ、気温が35℃に達することもあるという。

 

そして32℃を記録した14日には、ヤクーツク市内を流れるLena川の岸辺にも、多くの人々が涼むために集まったそうだ。

 

ただし川辺に集まった人も、暑さには耐えられない様子で、Buluus氷河に憧れる人も多かったと言われている。(了)

 

 

出典元:The Siberian Times:The world’s most unusual beach is a glacier in Russia’s Kingdom of Permafrost(7/14)

Return Top