Switch news

ビール会社が動物愛護に協力、缶に里親募集の犬の顔

ビール会社が動物愛護に協力、缶に里親募集の犬の顔

米国ノースダコタ州のビール会社が、缶に犬の顔を印刷したビールを発売した。

 

その犬はただの犬ではなく、アニマルシェルターで保護されている里親募集中の犬たち。ビール会社と動物愛護団体が協力して、ビール缶を里親募集広告にするというユニークな試みだ。

 

里親が決まらない6匹

 

そのビール会社は、ノースダコタ州ファーゴ市を本拠地とする「Fargo Brewing Company」。今週から限定販売が開始された同社の6缶バックのビールには、それぞれに里親募集中の犬の顔が大きく印刷されている。

 

View this post on Instagram

Join us Monday, November 4th at 5pm for a very special event with @4luvofdogrescue! This event will showcase some dogs who have had a difficult time finding their forever home. While they get along great with people, some of these dogs don’t socialize well with other dogs so we ask that you please keep your furry friends at home for this event! Here are just 2 of the great pups you can help find a home for on Monday! First is Nyx! Have you been missing the perfect welcome home committee in your life? Feeling sad when you walk in the door and there is no one excited to see you? Look no further — my name is Nyx, and I'd be very excited to meet you! I'm super smart, I love to do tricks, and I LOVE to love my humans. I love them so much that I prefer to have them all to myself. I hear I'm a really special girl — I hope you think so, too! Next is Bizzy! I'm a sweet, energetic lady with a whole lot of affection to give. I enjoy my daily playtime and exercise, but I'm ALWAYS ready for snuggles on the couch. I'm very smart and can learn anything as long as there's a treat involved! I don't mind meeting other dogs — I even walked with them in a parade! — but I prefer to share my home and love with my humans only.

A post shared by Fargo Brewing (@fargobrewing) on

 

この6匹は、ファーゴ市の動物愛護団体「4 Luv of Dog Rescue」に保護されている犬だ。同団体には多くの捨て犬が保護されており、大抵は里親(貰い手)が見つかってそこに貰われていく。だが、中には事情があって里親が見つからない犬がいる。それが、ビール缶に登場した6匹だ。

 

彼ら6匹には、他の犬とすぐ喧嘩してしまうという特徴がある。1匹だけで飼われるぶんにはいいが、大抵の里親は犬が好きですでに犬を飼っている。すると先に飼われている犬と喧嘩になってしまい、これまで貰い手が見つかっていない。

 

ラベル印刷会社員のアイディア

 

ビール缶を里親募集広告にしてしまうというアイディアを出したのは、地元の飲料ラベル印刷会社「Northern Plains Label」に勤めるJerad Ryanさんだ。前述の動物愛護団体でボランティアをやっていた彼は、思いついたアイディアをすぐ上司に話してみたという。

 

里親募集の犬を缶に載せてくれるビール会社を見つけて、寄付として無料で缶に印刷してやってはどうか、と上司に話を持ちかけたんです。

上司はそのアイディアを気に入りました。それで地元のFargo社に打診してみると、彼らも同意してくれました。それだけでなく、Fargo社は、その缶ビールの売り上げを寄付すると言い、さらには、缶ビールと共に6匹の犬を披露するイベントも開催してくれたんです。

 

 

この缶ビールは限定販売で、在庫がなくなれば販売終了となるが、それまでに6匹の里親が見つかることを願いたい。(了)

 

出典元:boredpanda:This Beer Company Puts Dog Photos On Cans To Help Them Get Adopted(11/7)

出典元:Simplemost:This Brewery Is Putting Pictures Of Adoptable Dogs On Its Beer Cans(11/8)

Return Top