Switch news

知っておきたい世界のニュース

自閉症の子供がメルトダウン寸前、なだめた男性のエピソードが話題に

自閉症の子供がメルトダウン寸前、なだめた男性のエピソードが話題に
Facebook/Better to be Different

パニックに陥りそうな自閉症の子供を、通りがかりの男性がなだめ、そのエピソードが注目を集めている。

 

パニックを起こしかける

 

その投稿を行ったのは、イギリスで暮らす女性、Natalie Fernandoさん(44)。

 

彼女には自閉症の息子、Rudy君がおり、2人は先日、エセックスの街、サウスエンド=オン=シーにある海沿いの道を散歩していたという。

 

しかしコースを変更し、戻らなければならなくなり、Rudy君はパニックを起こしかけ、地面に横たわったまま動かなくなってしまったそうだ。

 

Facebook/Better to be Different

男性が一緒に地面に横たわる

 

Fernandoさんによれば、Rudy君は歩くのが好きだが、振り返って戻ることが嫌いなため、いつも円を描くように回るという。しかしそれができないと、パニックを起こし、メルトダウンする場合があるとか。

 

そして時にはそれが、最大で1時間以上も続き、Rudy君も自分自身を忘れて、非常に攻撃的になるそうだ。

 

今回もパニックを起こしかけたが、その時、通りがかりの男性、Ianさんが現れ、Fernandoさんに向かって「大丈夫ですか」と尋ねてきた。その後、Rudy君に向かって「名前はなんていうの?」と話しかけてきたそうだ。

 

しかもIanさんは、Rudy君と一緒に地面に横たわったという。

 

その後、2人は会話を交わし、Rudy君は落ち着きを取り戻し、Fernandoさんも一緒に車に戻ることができたそうだ。

 

Facebook/Better to be Different

エピソードをフェイスブックに投稿

 

Fernandoさんはその後、このエピソードをフェイスブックに投稿。そこで、男性が取った行動によって救われたと感謝し、「彼の優しさは忘れません」と述べている。

 

この投稿は、その後拡散され、多くの人々によってシェアされたという。

 

Facebook/Better to be Different

 

またFernandoさんは投稿の最後で次のように述べている。

 

「私たちは皆、自分の道を歩み、できる限り最善を尽くして旅を進めています。時には、そんな1日を完全に変えるのに、全く見知らぬ人から、親切な瞬間を受け取る時があります。サウスエンドシーフロントのイアンに感謝します、あなたは本当に親切な人です…」(了)

 

出典元:Indy100:Mum thanks stranger for lying on floor to stop her autistic son having a ‘meltdown’(4/16)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top