アルゼンチンの沿岸警備隊、違法操業していた中国船に発砲【動画】


アルゼンチンの沿岸警備隊が、違法に操業していた中国船に対し、複数回発砲する動画が公開されている。

 

排他的経済水域内で中国船が違法操業

 

その出来事が起きたのは2月22日。アルゼンチンの沿岸警備隊は、排他的経済水域内で違法に操業を行っていた中国船を発見したという。

 

その後、8時間の追跡の末、中国の「Jing Yuan 626」という船に対し、マシンガンとキャノン砲で発砲したそうだ。

 

当時、同海域にはこの船に意外にも4隻の漁船がおり、いずれも中国の国旗を掲げており、アルゼンチンの沿岸警備隊の船に対し体当たりしようとしていたとか。

YouTube/AudiovisualTelam

発砲の前に警告、舳先へ射撃

 

この発砲は中国船の航海能力を妨げるために行われ、沿岸警備隊の士官は発砲する前には相手方に無線で警告を発していたという。

 

しかしそれでも中国船は警告を無視したため、沿岸警備隊は舳先の部分に発砲したそうだ。

 

その後、アルゼンチン外務省から追跡中止命令が出されたため、中国船はそのまま逃亡。伝えられたところによれば、漁船の乗組員にケガ人は出ておらず、誰も拘束はされていないという。

 

2016年には中国船が沈められる事件も

 

実はアルゼンチン当局による中国船への攻撃はこれが初めてではない。2016年には32人の乗った中国船が、違法操業をしているのを発見された。

 

その後、公海上へ逃げようとしていた中国船は、アルゼンチン当局の攻撃によって沈められている。

 

また今月の初めには、スペインの船が320トン以上もの魚を違法に捕獲し、運ぼうとしていたとして、やはりアルゼンチンの沿岸警備隊によって船員らが拘束されたという。

 

今回の事件の後、中国大使館はすぐに声明を発表しなかったと言われている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Argentina fires on Chinese vessel ‘fishing illegally’(2/25)

出典元:MailOnline:Argentina’s coast guard fires on a Chinese boat illegally fishing in its waters before embarking on eight-hour chase to capture it(2/26)