イラクとイラン国境付近でM7.3の地震 死者120人超、負傷者1000人以上か【動画】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

現地時間11月12日の午後9時18分、イラクとイランの国境地域を震源とする強い地震が発生した。

 

アメリカ地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュードは7.3だという。

 

イランでは死者129人、負傷者1000人

 

震源地はイラクの首都バグダットから北東へ225km、さらにイランの首都テヘランから西へ515kmの地点、イラク北東部スレイマニア県とされている。

震源に近いイラン西部やイラク北部のクルディスタン地域では建物の倒壊などによる死傷者が出ている模様で、イラクメディアによると、建物の下敷きになるなどして国内で6人が死亡、50人以上がケガをしたという。

 

またイラン国営テレビも、震源に近くイラク国境に接しているケルマンシャー州の当局者の話として、同州で少なくとも129人が死亡、1000人以上が負傷したと伝えている。

 

激しい揺れは、首都バグダッドを含むイラク全土で確認され、震源から約400km以上離れたイランの首都テヘランや、クウェートなど周辺国でも観測されたそうだ。

 

ネットには崩壊した建物を捉えた映像も

 

ネットには当時の様子を捉えた動画がすでに投稿されている。そこには強い揺れに襲われる様子や、倒壊した建物の姿が映し出されている。

イラクの首都バグダッドなどでは地震はあまり起こらないため、多くの人々が慌てて建物の外へ逃げ出す姿が見られたという。

被害が大きいとみられるのがイラク北部にある、少数民族クルド人が主導するクルディスタン地域政府(KRG)の領域とされている。

またイランのケルマンシャー州ではれんが造りの家屋が多く、イラン国営テレビは家屋が倒壊した様子などを繰り返し報じている。

 

がれきの下敷きになるなどの被害も多発しており、死傷者はさらに増える可能性もあるそうだ。(了)

 

 

出典元:weather.com:At Least 2 Dead After 7.3 Magnitude Earthquake Strikes Near Iran, Iraq Border(11/12)

 

出典元:朝日新聞:イラク・イランでM7.3の地震 死者120人超に(11/13)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •