Switch news

World News Odyssey

Pickup

サッカーの試合中にディフェンダーと衝突したキーパー、病院へ搬送後に死亡

サッカーの試合中にディフェンダーと衝突したキーパー、病院へ搬送後に死亡
YouTube/tvOneNews

インドネシアでサッカーの試合に出場していたゴールキーパーが、その後病院で死亡したことが確認された。

 

しばらく意識があるも、その後病院へ

 

亡くなったゴールキーパーとは、Choirul Huda選手(38)。インドネシアのサッカーチーム「Persela(Lamongan)」に所属していた選手だという。

 

彼は10月15日に「Semen Padang」というチームとの試合に出場。しかし前半が終了する間際、ボールを取ろうとして味方のディフェンダーであるRamon Rodrigues選手と衝突してしまう。

YouTube/tvOneNews
YouTube/tvOneNews

衝突した直後、Huda選手はグラウンドに倒れたまま顎や胸を押さえていたが、やがて胸の痛みを訴えながら意識を失ってしまったという。

YouTube/tvOneNews

頭と首を打ったことが原因

 

Hudaさんはその後、ストレッチャーに乗せられグラウンドを後にし、救急車でLamonganという町にある病院へと搬送され、治療を受けたそうだ。

 

しかし現地時間の夕方5時に、仲間の選手に見守られながら息を引き取ったとされている。

 

病院のZaki Mubarok医師は取材に対し「彼が運ばれてきた時には、まだ息がありました。しかしその後、17時頃に亡くなりました。検査の結果からして、衝突で頭と首を打ったことによるものと考えられます」と語っている。

さらにチームのヘッドコーチであるAji Santoso氏は取材に対し、次のように語っている。

 

「チームの全ての選手が試合を終えて、病院へ向かいました。そこでHudaが死んだと知らされたのです。彼を失ったことは、私たちに大きな打撃を与えました。私たちは医者に会う時間もなく、ただ彼の遺体と面会しただけでした」

Huda選手は1999年にチームに所属し、レギュラーのゴールキーパーに定着して活躍。地元ではとても人気がある選手だったという。(了)

 

※閲覧にはご注意いただきたい。

 

出典元:MailOnline:Legendary Indonesian goalkeeper Choirul Huda, 38, dies after tragic collision with team-mate during match(10/15)

Return Top