Switch news

World News Odyssey

Pickup

タイの洞窟で行方不明だった13人の生存を確認、発見時の動画も公開される

タイの洞窟で行方不明だった13人の生存を確認、発見時の動画も公開される
Facebook/Thai NavySEAL

タイの洞窟で多く子供たちが行方不明になっていたが、7月2日無事発見されたと当局が発表した。

 

入口に自転車やシューズが残されていた

 

生存が確認されたのは地元のサッカークラブに所属していた12人の子供と1人のコーチで、6月23日にタイ北部チェンライ県の郊外にある洞窟に入ったまま、行方不明になっていた。

 

洞窟内に自転車やサッカーシューズが残されていたため、水位が上昇した洞窟内に閉じ込められたとみられ、懸命の救助活動が行われていた。

 

捜索にはタイの軍や警察の他に、アメリカやイギリスからも潜水士や専門家が加わっていたが、その結果7月2日にタイのネイビーシールズが10日ぶりに彼らを発見。その時の動画を、フェイスブックで公開した。

 

 

動画の中の子供たちは元気そうで、救助隊とも会話を交わしている。しかし洞窟内はいまだに水位が上昇しており、現在も子供達を洞窟から出す作業が進められているという。

 

「いつ僕たち出られるの?」

 

動画の中の子供たちは、英語で現在どのくらいの日数がたったのかを尋ねている。

 

これに対し、ネイビーシールズに加わっていたイギリス人ダイバーは「君たちはここに10日間いたんだ。君たちはとっても強いね」と答えた。

 

また子供の1人が「いつ、僕たちは外へ出られるの?」と聞いたのに対し、ダイバーは次のように返事をしている。

 

「いや、今日じゃない、今日ではないんだ。ここには私たちのうち2人しかいない。君たちは水の中を潜らなければならないんだ。皆が向かっている。大丈夫だよ。多くの人達が今、ここに向かっているんだ。私たちが最初で、まだ多くの人が来るからね」

 

さらに動画には、子供の1人がダイバーに向かって「どこから来たの?」と訪ね、彼が「イギリス、UKだよ」と答える場面も映っている。

 

子供たちは洞窟の入口から、約5kmも離れた場所で発見されたと言われている。

 

洞窟の入口付近にあるベースキャンプで、子供たちの生存が確認されたことが発表されると、捜索隊の間から大きな歓声が上がったという。

 

また子供たちの家族はもちろん、タイ中の人々が、この一報によって喜びに湧いているそうだ。(了)

 

出典元:ABC News:Video shows moment 12 boys and their soccer coach were found alive in cave(7/2)

Return Top