Switch news

World News Odyssey

Pickup

ナイジェリアの航空機で緊急脱出用ドアが落下、会社側は乗客を非難するが異論も

ナイジェリアの航空機で緊急脱出用ドアが落下、会社側は乗客を非難するが異論も
Facebook/Airline Secrets Exposed

ナイジェリアの航空機のドアが着陸後に、外れて落下するという恐ろしい事態が起き、原因についてさまざまな憶測を呼んでいる。

 

乗客がドアを開けようとしていた?

 

その航空会社とは「Dana Air」。当時、機体はLagosという街からAbujaという街へ飛行しており、目的地の空港へ着陸後に緊急脱出用のドアが落下して、外は丸見えになったという。

 

「Dana Air」側は、この事故の原因が整備ミスであるという見方を否定。乗客らが開けようとする意識的な行為なしには、ドアの落下はありえないと主張しているそうだ。

 

しかし乗客の1人はBBCの取材に対し、搭乗していた乗客の全員がドアをこじ開けようとしたことを否定している、と語っているとか。

Twitter/Dapo Sanwo

緊急用ドアの掛け金が緩んでいた

 

実際にLagosに住む乗客の1人、Dapo Sanwoさんは次のように語っているという。

 

「フライト中は床のパネルから振動が伝わってきて、とてもうるさかったんです。私は緊急用のドアの掛け金が緩み、ぶら下がっているのに気づいたんです」

 

「着陸した時、機体は駐機場所へ向かって地上走行していました。私はバッというような爆発音を聞きました。続いて風が押し寄せ、騒音が響いたのです。私は恐ろしかったです」

 

「キャビンクルーは、乗客がハッチを引っ張ったと言おうとしていました。皆はそれを否定していましたが。その後、クルーたちは私たち乗客に写真やビデオを撮るのをやめさせようとしたのです」

 

また同じ機内にいたOla Brownさんもツイッターで「フライト中ずっとドアがガタガタなっているのを聞いた?とても落ち着かなかった。僕はネジが緩んでいたと思う。ただ落下したとは思えない」と語っている。

下は事故当時の動画。

検査でも問題がなかったと主張

 

しかし「Dana Air」側は尚も、ドアに問題があったという見方を否定。声明で次のように述べている。

 

「私たちの航空機の緊急用脱出ドアは、圧力によって支えられているプラグタイプなのです。ですから通常、クルーや乗客が意識的に開けようとしたり、いじり回したりしなければ、落ちることはありえないのです」

 

また、この機体はナイジェリア民間航空局のチームとともにエンジニアによって検査されており、問題も報告されていなかったと述べているという。

 

まだ真相は明らかになっていないようだが、とにかく乗客の安全のためには万全を期してもらいたい。(了)

 

出典元:BBC:Nigeria’s Dana Air blames passenger after door falls off(2/8)

出典元:INDEPENDENT:Airline blames passengers after door falls off plane during landing(2/9)

Return Top