母親が闇サイトで9歳の息子に売春を強要、史上最悪の虐待にドイツ中が震撼


※この記事の文章には残酷な内容が含まれているため、閲読にはご注意いただきたい。

 

ドイツで母親とそのパートナーが、9歳の息子に闇サイト上で売春をさせていたことが発覚し、史上最悪の児童虐待としてドイツ中を震撼させている。

 

恐ろしい事件の全容とは

 

事件の全容はこうだ。

 

息子に売春を強要させた主犯として逮捕されたのは、母親であるBerrin T容疑者(48)と、そのパートナーのChristian L容疑者(39)の2人。

 

検察によると、Berrin容疑者とChristian容疑者による、Berrin容疑者の息子への性的虐待が始まったのは2015年、2人が交際して間もなくのことだったという。

 

交際を始めた二人は、息子と共にドイツ南西部の都市フライブルク近郊に位置する町、シュタウフェンで生活を開始。

 

当初、Christian容疑者はBerrin容疑者の息子の性的画像を闇サイト上に投稿するなどしていたが、その後性的虐待はさらにエスカレート。

 

二人は闇サイト上で知り合った利用者に対し、金銭を支払わせる引き換えとして、Berrin容疑者の息子への身体的虐待や強姦などを行わせていたという。

 

またこの際、Berrin容疑者はたびたび闇サイト利用者の所へ息子を連れて行き、言うことを聞かなければ児童養護施設行きになる、などと脅迫し、利用者の言いなりにさせていたそうだ。

 

さらに息子に対する虐待が行われていたのと同時期に、Berrin容疑者が一時的に面倒をみていた精神的障害を持つ3歳の少女に対しても、Christian容疑者は性的虐待を行っていたことが明らかとなっている。

 

 

以前も性的虐待で逮捕されていたChristian L容疑者

 

一方、この事件が発覚する以前にもChristian容疑者は、児童への性的関心が伺える事件を複数回起こしていた。

 

同容疑者には2005年、パソコンと携帯電話上で児童ポルノを所持していたとして、1年の執行猶予付き判決が下されている。

 

さらに2010年にも、Christian容疑者は13歳の少女に性的虐待を行ったとして、懲役4年以上の実刑に処されていた。

 

しかしいずれの事件後においても同容疑者は治療を受けることを命じられており、また自ら進んで治療に参加したいと意欲を見せていたという。

 

ただ2014年に釈放されたChristian容疑者は、再犯の可能性が非常に高いとして、子供の親か法的保護者の管理下における場合を除き、子供や若者と連絡を取り合うことを禁じられていた。

 

判断ミスにより遅れた事件の発覚

 

しかしBerrin容疑者の息子に対する虐待は、数年間という長期にわたって続いており、またChristian容疑者は過去にも同様の罪により実刑を受けていた。にも関わらず、なぜ事件は発覚しなかったのか。

 

これに関しては、地方裁判所と青少年福祉課の判断の誤りがあったことが指摘されている。

 

2017年3月、青少年と連絡を取ることを禁じられていたはずのChristian容疑者が、Berrin容疑者の息子と共に生活していることが明らかとなり、青少年福祉課がBerrin容疑者の息子を保護。

 

ところがこれに対し、Berrin容疑者が息子と共に暮らすことを望んだため、裁判所はわずか数週間で息子を容疑者のもとへと送り返してしまう。

 

一方、Berrin容疑者はChristian容疑者が自宅へと立ち入ることを許さぬよう命じられ、Christian容疑者もBerrin容疑者の息子と連絡を取り合うことを禁じられていたが、両容疑者はこの命令を無視していたという。

 

 

匿名の情報により事件発覚、8人が逮捕

 

しかしこのような状況についに変化が訪れる。

 

2017年9月、ドイツ連邦刑事庁の下に、9歳の男児が性的虐待を受けていることを伝える、匿名での情報がもたらされる。

 

これにより警察は大々的に捜査を開始。結果、Berrin容疑者とChristian容疑者の2人が逮捕されるに至った。

 

 

さらにこの後続いて6人の容疑者も、小児性愛者の集団に関与していたとして逮捕。

 

この中の一人である41歳のドイツ人容疑者は、今年の4月半ば頃、Berrin容疑者の息子に強姦や性的虐待を行ったとして、懲役10年もの判決を受けている。

 

また11日に裁判が開始された44歳のドイツ人容疑者は、Christian容疑者に対し、Berrin容疑者の息子に性的虐待を行った後に、殺害することが可能か相談を持ち掛けていたことが明らかとなっている。

 

Berrin容疑者とChristian容疑者の裁判も11日に開始されており、両者は50件以上もの事例において強姦や売春の強要などの罪に問われているという。

 

闇サイト上で性的虐待の対象として自らの息子を取引していたという、前代未聞の事件。同じことが繰り返されぬよう、事件の全容解明を急いでもらいたいところだ。(了)

 

出典元:Deutsche Welle:Child sex abuse trial begins in one of Germany’s worst cases on record(6/11)

出典元:Sky News:Mother and stepfather accused of ‘raping and selling their boy for sex’ in Germany(6/11)