Switch news

ピックアップ

恐怖!カバーが外れ、エンジンがむき出しのまま飛行する動画が撮影される

恐怖!カバーが外れ、エンジンがむき出しのまま飛行する動画が撮影される
Twitter/Tom George

アメリカで飛行中に、エンジンカバーが外れてむき出しになった飛行機の様子が撮影された。

 

エンジンカバー落下で、引き返す

 

この機体は格安航空会社「Frontier Airlines」が所有するエアバス320で、11月30日(現地時間)にネバダ州のラスベガスからフロリダ州のタンパへ向かっていたという。

 

しかし離陸直後に、エンジンカバーが落下。エンジンがむき出しの状態で飛行し、やむなくラスベガスの空港へ戻ることを余儀なくされたそうだ。

 

ただエンジン自体は正常に動いていたらしく、その後引き返した空港に無事着陸したと言われている。

 

泣きながら家族へ電話をした乗客

 

この事故の様子は乗客のJazmin Pedrazaさんによって撮影され、その後ネット上で公開された。

 

PedrazaさんはABC Newsの取材に対し、当時の状況を次のように語っている。

 

「飛行機が離陸するために加速し始めたとき、エンジンの一部(カバー)が飛んでいき、エンジンからもわずかに火が出ました。1人の男性が叫び、その後皆が乗務員に知らせようとし、また飛行機を止めるボタンを押すよう叫び始めました。しかしすでに飛行機は離陸していたのです」

「私たちがフライトアテンダントに注意を促すと、彼女はやって来て、何が起きたのかを見るため、窓の外をのぞきました。その後、パイロットに伝えに行き、乗客たちを落ち着かせようとしました(コントロール下に置くようにしました)」

「人々は泣きながら、パニックになりながら、愛する家族に電話をかけ始め、その後緊急着陸をするというアナウンスが流れました。無事に着陸するまで私たちは、10分から15分上空にいたのです」

 

この飛行機には当時、乗客乗員合わせて166名が乗っていたが、全員ケガはなかったという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Passengers terrified after part of engine cover flies off plane during flight to Tampa(11/30)

Return Top