Switch news




通勤時間帯の電車内で大暴れ&差別発言、「サブウェイ・スーザン」の動画が大拡散中

通勤時間帯の電車内で大暴れ&差別発言、「サブウェイ・スーザン」の動画が大拡散中
Twitter/PlatanoMan

現在、英語圏を中心に大拡散している動画がある。中心人物は「サブウェイ・スーザン」とのニックネームがつけられ、バッシングを受けているが、彼女は何をしでかしたのだろうか。

 

満員電車内で暴力行為と差別発言

 

米ニューヨーク州、マンハッタンを縦断しているDトレイン内で、TwitterユーザーのPlatanoManさんが撮影した動画がこちらだ。

 

 

折りたたみ傘で近くの女性を叩き、さらには突くなど危険な行為をして周囲の乗客に止められている“サブウェイ・スーザン”。「みんなが仕事に遅れるだろう」との声が上がっていることから分かる通り、通勤時間帯である朝8時30分頃の出来事のようだ。

 

一瞬おとなしくなったが、被害女性が写真を撮ったりする姿にイラついたようで、唾を吐いたり、中指を立てて「F*ck Off(バカ野郎)」とののしったりと、再びヒートアップし始めた。

 

このサブウェイ・スーザンを渦中の人にしたのは、電車内での暴力行為ではない。1分15秒ほどのところで彼女が口にする「Fu*king Chink」という発言だ。これは中国人への差別語で、アジア系の被害女性に向けられている。

 

この発言の直後、「なんだって!」「差別主義者め」「きっとトランプに投票したんだろうね」など、周囲から一斉にブーイングの声が上がった。

 

口論から暴力行為へ

 

動画の前には何が起こっていたのだろうか。

 

 

「Fu*k Off」と叫ぶ“サブウェイ・スーザン”に対して、被害女性は「OK, Stupid(わかったよ、おばかさん)」と言い返している。そのさらに前の出来事が写っていないので、もともとのきっかけはわからないが、次第に口論は蹴り合いに代わった。

 

「殴り返させなさい!」とサブウェイ・スーザンは叫んでいるが、一部メディアによると口論は「ぶつかったことが原因」だという。

 

被害女性に非があったとしても、傘を使って全力で殴り掛かり、差別発言をする彼女の味方になってくれる人はいないだろう。

 

警察へと連行された

 

サブウェイ・スーザンはその後、投稿者に絡み始めたそうだ。

 

「モハメッド・アタ(9.11同時多発テロ事件の実行犯)め」と罵ったのだが、イスラム教徒でもないのにそう言われたことに、投稿者は笑い飛ばしている。

 

手にしていたスマートフォンを払いのけられた男性は、サブウェイ・スーザンを取り押さえた。サブウェイ・スーザンはその後、警察に連行された。

 

真のヒーローに感謝の言葉

 

2つの動画は12月13日に投稿されると、2日間ほどで合計1800万回以上再生されて大拡散している。

 

サブウェイ・スーザンを床に取り押さえた男性に対しては、「よくやった」「スカッとしたよ」などの称賛の声が寄せられているが、本当に称賛されるべきなのは仲裁に入った男性だろう。

 

被害女性はEyewitness Newsの取材に対して、「みんなが助けてくれて幸運でした。特に最初に止めに入ってくれた男性には感謝しています。周りの人は撮影していたけど、彼は撮影していなかったから、すぐに止めに入れたんですよね」と答えている。(了)

 

 

出典元:Eyewitness News7「40-year-old Anna Lushchinskaya」(12/13)
出典元:gothamist「Woman Arrested For Racist D Train Attack Has A History Of Alleged Subway Assaults」(12/13)

Return Top