Switch news




飛行機から氷の塊が落下か?就寝中に屋根を突き破り、寝室に到達

飛行機から氷の塊が落下か?就寝中に屋根を突き破り、寝室に到達
Twitter/Daniel

カナダで空から突然、大きな氷の塊が落下し、家の屋根を突き破るという出来事が起きた。

 

大きな衝撃音で目を覚ます

 

その事故が起きたのは1月9日の午前6時30分頃(現地時間)、場所はオンタリオ州のミシサガという町にあるCarmela Caccavoさんの自宅とされている。

 

当時、Carmelaさんは寝室で眠っていたが、突然大きな衝撃音がして、彼女や息子さんも目を覚ましたという。

 

やがて寝室の屋根に穴が開き、衣裳部屋に氷の塊があるのを発見。しかもそれは眠っていたCarmelaさんから、わずか数メートルしか離れていなかったそうだ。

 

フライト記録でも旅客機の飛行を確認

 

その氷の重さは5ポンド(約2.3kg)ほどとされ、上空を飛行していた旅客機から落下したものと考えられている。

 

公式のフライト記録によれば、事故が起きた時間にラスベガス発、トロント行きの「エアーカナダ」の旅客機が、Carmelaさんの家の上空付近を飛行していたという。

 

カナダ運輸局はこの事故を受けて声明を発表。「運輸局は、旅客機からのものと思われる氷の塊の報告について、深刻に受け止めております。報告された全ての事件は、運輸局の職員によって調査されます」と述べている。

 

息子のMichaelさんは次のように語っている。

 

「それは母親が眠っているところから、2mまたは3mしか離れていませんでした。そして父親や母親が朝の支度をするために、そこで服を着ていたらと思うと、恐ろしいことです」

 

以前、このサイトでも航空機から氷の塊が庭に落ちたことを伝えたが、その時も庭に大きな穴が開き、激しい衝撃音がしたという証言も寄せられた。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Ice block ‘from passenger plane’ smashes through family home just feet from sleeping mother(1/10)

出典元:CP24:Chunk of ice falls from airliner into Mississauga seniors’ bedroom(1/9)

Return Top