Switch news

知っておきたい世界のニュース

米でポケモンカードなどが高騰、銃を使った事件まで起き、店頭販売を中止

米でポケモンカードなどが高騰、銃を使った事件まで起き、店頭販売を中止
flickr_Kichigai Mentat

アメリカの小売り大手「Target」は、ポケモンカードなどの店頭での販売を中止した。

 

店頭での販売を中止

 

「Target」は全米で1900以上の店舗を抱えているが、以前からポケモンやスポーツのトレーディングカードを店頭で販売していたという。

 

しかし先日、ウイスコンシン州の店舗で、トレーディングカードを巡り争いが起き、男性が銃を引き抜く事件が起きた。

 

この出来事により、「Target」は安全への懸念が高まったとして、店頭での販売を一時的に中止にしたそうだ。

 

4人の男が襲撃する事件

 

その事件が起きたのは5月7日、場所はウィスコンシン州の街、Brookfieldにある店舗の駐車場とされている。

 

当時、23歳から35歳までの4人組の男らが、スポーツトレーディングカードを持っていた男性を襲撃。暴行を加えられた男性はライセンスを持っていたため、その場で銃を引き抜いたという。

 

もっとも銃は発射されず、4人の男は逃走し、その後逮捕された。

 

4400万円で取引された例も

 

新型コロナウイルスのパンデミックの間に、このトレーディングカードは人気となり、特にポケモンのカードの価値は高騰したそうだ。

 

実際に3月にはポケモンの、「チャリザード」と呼ばれるポケモンのカードが、約40万ドル(約4400万円)で落札されたとか。

 

またオークションサイトの「eBay」によると、アメリカでのポケモンカードの売上は、2019年から20年にかけて574%も急増し、サッカーカードの取引は1586%の伸びを示したという。(了)

 

出典元:BBC:Pokémon card sales at major US retailer halted over security fears(5/15)

Return Top