Switch news

ビーガン料理で育てられた赤ちゃん、栄養不良で骨が折れ、運動機能も低下

ビーガン料理で育てられた赤ちゃん、栄養不良で骨が折れ、運動機能も低下

オーストラリアで赤ん坊にビーガンのような食事を与え続けて、栄養不良にさせた両親の裁判が行われ、判決が下された。

 

野菜中心の食事を与え続ける

 

その両親(父親:35歳、母親:33歳)はビーガンで、彼らには3人の子供がいたが、自分たちと同じく野菜中心の食事を与え続けてきたという。

 

そして当時生後19カ月だった女の子の赤ん坊(現在は3歳)にも、麦やポテト、米、豆腐、パン、ピーナツバター、ライスミルク、フルーツのスナックなどを与えていたそうだ。

 

2018年3月、その赤ちゃんは突然の発作で苦しみだし、唇も青ざめたため、母親が救急を要請。この結果、赤ちゃんが栄養不良の状態だと明らかになる。

 

骨は折れ、運動機能も損なわれる

 

その後の調査などで、赤ちゃんの体重は5kgに満たないことが判明。運動機能も損なわれ、生後3カ月のようだったという。

 

また栄養不足から骨は折れ、歯は抜け、ワクチン接種も受けていないため、予防できるはずの骨の病気にかかり、「くる病(ビタミンDの欠乏 や異常代謝による骨の石灰化障害)」でも苦しんでいることが明らかとなった。

 

このため赤ちゃんと2人の兄(彼らは栄養が十分行き届いていた)はシドニー警察によって両親から引き離され、現在はクイーンズランド州の親戚に預けられているそうだ。

 

親は時々肉類を与えていたと主張

 

両親はその後、起訴され、裁判が行われた。そして8月22日に判決が下され、両親には300時間のコミュニティサービスを行うよう命じられた。

 

裁判で両親は、3人の子供たちには時々肉類を与えていたと証言。また医者にも連れて行っており、ワクチン接種を受けられるのを待っていたと主張してという。

 

しかし現在も、女の子の将来にわたる体の発達や成長には疑問が残っており、彼女は理学療法を受け、スピーチトレーニングを受けるなど、後遺症が残っているとされている。(了)

 

 

出典元:INDEPENDENT:Vegan parents sentenced for allowing toddler to become so malnourished her bones fractured(8/22)

Return Top