Switch news

アマゾンだけではない!アフリカ中部の火災をNASAの衛星画像が示す

アマゾンだけではない!アフリカ中部の火災をNASAの衛星画像が示す

現在、ブラジルのアマゾン流域で大規模な森林火災が続いているが、アフリカでも広い範囲で火災の起きていることが、NASAの衛星画像で示された。

 

ブラジルよりも多くの火災が発生

 

火災が続いているのは、サブサハラと呼ばれる、アフリカ大陸の中部から南部の地域だ。

 

この一帯の森は330万平方キロメートルに及び、コンゴ民主共和国やガボン、コンゴ共和国、カメルーン、マダガスカルなど複数の国にわたって広がっているという。

 

しかし先週、アンゴラでは48時間にブラジルよりも多くの火災が発生し、コンゴ共和国でも同じ状況だったそうだ。

 

そしてNASAがとらえた衛星画像にも、アフリカの中部における火災範囲の広さがはっきりと示された。

 

実は焼き畑農業の火だった

 

コンゴ盆地一帯は、アマゾンに次ぐ「第2の緑地」と呼ばれており、多くの二酸化炭素を吸収するという。

 

そしてG7(主要7か国首脳会議)ではアマゾンの森林火災が焦点になったが、フランスのマクロン大統領は、サブサハラの火災状況についても言及した。

 

ただアマゾンとアフリカでの森林火災については、若干性質が異なるという意見もある。

 

そもそもアフリカで広がる火事は定期的なもので、乾季の終わりになると人々は、深く湿気の多い熱帯雨林よりも、藪に火を点けるという。またNASAの衛星画像に映っている火災現場は、実際は熱帯雨林の外側にあたるそうだ。

 

コンゴ民主共和国の大使であるTosi Mpanu Mpanu氏は、次のように述べている。

 

「アマゾンの森林火災は、主に干ばつや気候変動が原因だが、中央アフリカでは農業技術が原因となっています。つまり多くの農家は森を切り開くために、焼き畑耕作をするのです」

 

NASA

しかし別のリスクも

 

それでもアフリカの森には、また別のリスクがあるようだ。

 

例えばコンゴ民主共和国では人口の9%しか電気を利用できず、多くの人々は調理や燃料などとして、木を使っているという。

 

このためコンゴ民主共和国のFelix Tshisekedi大統領は、もし国の水力発電能力が改善しなければ、(人々が木を伐採し続け)熱帯雨林が脅威にさらされると警告している。

 

また鉱山開発や石油掘削プロジェクトによるダメージと同様に、ガボンやコンゴ民主共和国の一部では、森林開発もリスクになっているそうだ。

 

このため、すでに付近のいくつかの国はより厳しい環境政策を実施しており、ガボンでも国土の11%にあたる土地を13の国立公園にすると宣言したという。(了)

 

 

出典元:FRANCE24:African forest fires in the spotlight amid outcry over Amazon blazes(8/27)

出典元:MailOnline:‘The forest is also burning in Africa’: President Macron pledges to help fight infernos blazing across hundreds of miles from Angola to Madagascar after world’s leaders vowed to tackle blazes in the Amazon(8/27)

Return Top